ポイントカードの導入により沿線住民との関係構築を図る

西武鉄道(株)

使うとたまるものをご存じだろうか? 答えはポイントプログラム。実は最近、私鉄各社がこのプログラムの導入に積極的になっている。沿線に住む住民は、必ず利用するのだから、ポイントによる誘導など必要ないのではないか? そんな疑問を持つ人もいるだろう。しかし、ポイントプログラムは、いまや私鉄にとって、顧客との関係を築くための非常に重要なツールとなっているのだ。

西武グループ共通のプリンスポイントのサービスをスタート

 ここ数年、電鉄系の企業グループでは、系列のホテルやエンターテインメント施設の利用、加盟店でのショッピングに際して、利用金額をポイントに蓄積できる、ポイントカードの発行が相次いでいる。西武鉄道(株)と(株)プリンスホテルを中核企業とする西武グループでも、西武ホールディングスが運営主体となり「プリンスポイント」というグループ共通のポイントプログラムをスタートした。プリンスポイント加盟店を利用した時に付与されるポイントを、プリンスホテル宿泊券やレストランお食事券、商品引替券に交換できるというものだ。
 ポイント付与率は原則的に105円(税込み)当たり1ポイント。積み立て期間は1月1日から12月31日までの1年間で、その間に積み立てたポイントは、翌年の12月31日まで繰り越しできるというものだ。プリンスホテルの系列ホテルや西武鉄道の駅ビル「PePe」、軽井沢・プリンスショッピングプラザ、国内外のゴルフ場、アミューズメント施設や旅行代理店など、加盟店は全国ですでに約1,500に上る。一方、ポイント会員は現在20万人。最終的には10年で200万人を目指す。
 プリンスポイントを導入することで、西武グループ各社が全国で独自に展開していたポイントプログラムを統合することができ、グループ全体でのCRM推進に役立てたいという狙いがあるという。
 では、鉄道会社にとって、このようなポイントプログラムはどのような意味を持っているだろうか。西武鉄道総合企画部企画室主任の佐藤昭博氏は、沿線利用客へのサービス還元だという。
 「通勤や通学、休日のレジャーで鉄道を利用するお客様は、駅ナカの売店や施設、駅ビルを利用されます。そこで、そのようなお客様へ何らかの特典を還元できるようなサービスが必要です。ポイントプログラムは、まさにそれにぴったりの仕組みなのです」

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年10月号の記事