コミュニケーションに注力し顧客との “エンゲージ”を目指す

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.

持っていることが一種のステータスとも見られる「アメリカン・エキスプレス・カード」。基本となるグリーンカード(通称)でも年会費が1万2,600円という高価格にもかかわらず、確実に顧客の心をつかみ、一度つかんだら離れられない関係を築いている。その秘密は、単なるクレジットカードではなく、会員のライフパートナーとして整備した、生活シーンを彩るさまざまな特典にあった。

単なる決済手段ではなく顧客のライフスタイルをサポート

 ステータスの高いクレジットカードとして知られるアメリカン・エキスプレスのカード。同カードを発行するアメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.は、もともとアメリカ大陸で貨物を運ぶ「急行便(エキスプレス)会社」として、1850年にスタートした。
 安全に貨物を届けることが難しい時代にあって、同社はサービスと安全性に対する信頼を土台に業績を伸ばし、トラベラーズチェックなどの金融商品を扱う企業へと転身。その後、クレジットカードへと事業を拡大した。現在ではカードビジネスのほか、銀行、旅行、保険業なども展開している。
 一般向けクレジットカードは、個人向けカードとビジネスオーナー向けのカードの2種類。年会費は、「アメリカン・エキスプレス・カード」(通称、グリーンカード)が1万2,600円、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」(通称、ゴールドカード)が2万7,300円、「プラチナ・カード」は10万5,000円。
 カード会員数(顧客数)は全世界で7,800万人(2006年実績)。同社ではこれらの会員を対象に、毎日の生活の中で使い続けてもらうための充実したサービスを提供し続けている。
 「当社のカードはクレジットカードではありますが、単なる決済手段とは異なります。『MORE THAN JUST A CARD』という広告キャンペーンからお分かりいただけますように、当社のカードを通じて、会員様により豊かな生活を送っていただきたいと考えています」とマーケティング担当副社長中島好美氏は語る。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年10月号の記事