店舗でのワクワク体験がもたらす“新しい食の感動”

(株)ディーン アンド デルーカ ジャパン

2003年6月、東京・丸の内にニューヨーク発の食材店「DEAN&DELUCA」の国内1号店をオープンした(株)ディーン アンド デルーカ ジャパン。“Foodis Hero”をキーワードに、商品が最も引き立つ売り場づくりを展開。知識豊富な店頭スタッフが食の楽しみをお客様に伝える役割を果たし、同社のコンセプトに共感するファン層を着実に増やしている。

創始者2人の想いを実現 DEAN & DELUCAの原点

 “MUSEUM for FINE FOOD(美しき食のミュージアム)”をコンセプトに、世界各地から選び抜いた美味しい食べ物を通して“新しい食の感動”を伝えるDEAN & DELUCA。旬の食材を使った料理や彩り豊かなスイーツ、瓶詰めなどのパッケージフード、パン、チーズ、ワインなどを取り揃えた、食のセレクトショップを展開している。
 ニューヨークのSOHO地区に1号店がオープンしたのは1977年のこと。当時のアメリカではジャンクフードがはやり、食を軽んじる風潮があった。こうした中、創始者のひとりであるジョルジオ・デルーカは、フードブローカーの父親の影響で幼少期から地中海の食文化に慣れ親しみ、“美味しい食べものは人生を豊かにする”ことを体得。この想いをニューヨークに暮らす人々にも伝えたいという信念から、まずは1973年に自分の好物だったチーズ専門店を開店した。その店の常連となったジョエル・ディーンと食の知識や見聞を語り合ううちに意気投合し、2人は“新しい食文化の創造”を目指してDEAN & DELUCAをオープンすることに。こうして誕生したのが、「見るたのしみ」「作るたのしみ」「食するよろこび」を体験し、“食”を五感で楽しめるセレクトショップだ。良質な食材の持つ美しさやパワーを伝え、豊かで喜びに溢れる暮らしを提案している。
 2001年12月に伊藤忠商事(株)が日本への輸入販売権およびライセンスを取得。すかいらーく創業者のひとりである横川紀夫氏が経営者となり、2002年7月、ディーン アンド デルーカ ジャパンとしてスタートした。2003年6月に東京・丸の内に1号店をオープン。日本上陸を果たした。現在は、マーケット(同社では食品・惣菜売り場をこう呼ぶ)を品川、渋谷、六本木、名古屋に4店舗、カフェを5店舗構えている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年7月号の記事