イベントとWebによる地道なブランディングで経験価値の向上に貢献

ソニーマーケティング(株)

ソニー(株)は、2006年7月21日「α100」を発売、デジタル一眼レフカメラ市場への参入を果たした。この間、記者発表前、製品発売前、製品発売後の3段階で各チャネルを効果的に活用。製品発売後はイベントとWebを核とした継続的取り組みにより、息の長い商品のブランディングを図っている。

10年ぶりの新市場への参入 「α100」発売までの軌跡

 2006年7月21日、ソニー(株)は「α100」の発売により、デジタル一眼レフカメラ市場への参入を果たした。新しい市場への参入は、パーソナルコンピュータ「VAIO」の発売以来、実に10年ぶりのことである。
 「α100」は、本体に手ブレ補正機能が搭載された初心者向け商品だ。ブランド名の「α」はギリシア文字の1文字目から採ったもの。「始まり」または「最重要」という意味を持ち合わせており、新市場に参入する意志と、コニカミノルタの技術を継承した「αマウントシステム」に対する信頼感などを表現したとしている。シンボルカラーにはシナバー(辰砂)というオレンジ色を採用。ブランド名「α」に使われているばかりでなく、“マウントを守っていく”という思いを込めて、マウントをこの色で丸く縁取っている。
 同社が「α」を初めて発表したのは、同年4月20日のこと。その後、5月30日から広告をスタートさせ、6月6日には表参道ヒルズにて記者発表会を開催。注目のスポットで、ビルボードをはじめ、会場全体を「α」一色に埋め尽くす大々的な演出とともに初めて商品を公開したところ、参加者から大きな反響が寄せられた。翌6月7日からは、銀座ソニービルにて商品展示を開始。6月11日から約1カ月半をかけて、全国7都市での“体験イベント” を開催。商品のお披露目を経て、発売日を迎えたのだ。
 商品発売の発表から記者発表前までの間、広告やWeb上では商品の露出は一切行わず、コンセプトを伝えるにとどめた。このことが顧客の期待感を高め、同商品を紹介するWebページへのアクセス数は同社のトップページを上回る結果に。顧客の関心を惹き続けるための演出として、この期間だけでも3回ほどサイトの更新を行ったという。

ソニー1

長く使い続けていただきたいという想いを込めて、マウント部分はブランド名「α」のシンボルカラーであるシナバーを採用している

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年7月号の記事