個人のネットワークを活用し購買に対する口コミの影響度を確認

ベル ジャポン(株)

チーズを中心とした乳製品を120カ国で販売する仏・フロマジェリーベル社の日本法人として、2005年11月に設立されたベル ジャポン(株)。同社は、情報を主体的に収集する生活者の増加を視野に入れたマーケティング展開を模索しており、 その一環として、主力製品である「kiriクリームチーズ」において、buzzリーダーを活用したキャンペーンを行った。

主体的に情報収集する生活者像 プル型の施策で顧客ニーズを引き出す

 「kiriクリームチーズ」「ベルキューブ」などのチーズ製品を120カ国で販売する仏・フロマジェリーベル社。創業143年目を迎える歴史ある企業の日本法人として、2005年11月に設立されたベル ジャポン(株)は、日本市場におけるマーケティング活動、品質管理、販売会社への営業支援などを展開している。
 日本法人の設立以前は、仏本社の日本担当者のコントロール下でTVCMを中心とした広告展開を行っていたが、2006年からはTVだけでなく、ネット、雑誌のタイアップ企画、PR、店頭SPにも着手。マーケティング部のスタッフは2名と少数ながら、日本市場への浸透に向け、さまざまな施策を展開している。
 同社の主力製品である「kiriクリームチーズ」は、以前から業務用の利用が多く、プロの菓子職人には広く知られ、使用されている。しかし、TVCMなどのマス広告だけで、一般生活者の製品への理解を促進するのは容易ではない。そこで、日本のユーザーが、いつ、どこで、どのように消費しているかを分析し、最も適したチャネルで商品の特性やベネフィットを伝えていくことを目指した。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2007年3月号の記事