口コミ情報に基づくコミュニティ醸成に成功 データベースを資産に事業展開

(株)アイスタイル

化粧品に特化した口コミ情報サイト@cosmeを運営する(株)アイスタイルは、業界唯一のデータベースを軸に事業を展開している。ネット・コミュニティの代表的な成功事例といえる同社の取り組みを取材した。

月間PVは1億2,000万以上の「@cosme」

 化粧品の口コミ情報サイト「@cosme」を運営する(株)アイスタイル。1999年12月のサイト開設以降、口コミ数が累計で約335万件に達している。現在の登録メンバー数は、約63万人。ユニークユーザー数は約130万人で、ページビューは月間1億2,000万以上。ページビュー、口コミ数ともに2004年比で1.5倍と順調な伸びを見せているが、大々的な広告・宣伝をしていないだけに、これには知人・友人を通じた口コミが寄与していると言える。
 一方、同社は、「Yahoo! Beauty」や「楽天woman」などのサイトや、デジタルテレビの「Tnavi版@cosme」など、他媒体に積極的に情報を提供することで“ライバルを作らない”戦略を展開。化粧品の口コミ・データベースの国内最大手として、不動の地位を保っている。
 同社のビジネスモデルには、@cosmeでの化粧品各企業からの広告・プロモーション収入と、同サイトに蓄積された口コミ情報データベースを活用したコンサルティング業務のほか、化粧品のEコマース、店頭の販売支援がある。同社代表取締役 吉松徹郎氏は、@cosme立ち上げ当初から、口コミ情報を活用したビジネスモデルを考えていたと言う。「CRMを実践しようと考えたとき、メーカーが顧客データベースを構築しようとしても、自社の顧客データしか扱うことができない上に、ブランドスイッチのタイミングまでは把握できません。また、データベースの構築・運用には、システムはもちろん、データ分析、セキュリティなどさまざまなコストがかかります。さらに、ターゲットを明確にして商品やブランドを育てていく商材の場合、POSデータに基づくマーケティングの考え方も合いません」(吉松氏)。そこで吉松氏が考えたのが、メーカーや販売チャネルの枠を飛び越えた新しい顧客プラットフォーム。“カスタマー”ではなく“コミュニティ”リレーションシップ・マネジメントというコンセプトを打ち出し、「@cosme」をスタートしたのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2006年2月号の記事