「シンプルさ」 にこだわり誘引しやすいサイト作りを目指す

日本ヒューレット・パッカード(株)

日本ヒューレット・パッカード(株)は、パソコン、プリンタなどで世界的シェアを持つ強みを活かしながら、独自色のあるWebマーケティングを展開、日本での市場拡大を目指している。その原動力として、直販サイト「HP Directplus」の存在がある。「HP Directplus」は、同社の企業サイトの中のひとつのコンテンツ。「わかりやすさ」「シンプルさ」を追求することで、Webサイトへの大量の集客を実現している。

直販ビジネスの集客力をほかのビジネスにいかにつなげるか

 日本ヒューレット・パッカード(株)は、PCやワークステーションを手掛ける国際的なIT企業「ヒューレット・パッカード(以下、HP)」の日本法人。現在、国内に52カ所のセールス・サポート拠点を有し、売上高3,815億円(2004年10月期)を誇る。パソコン、プリンタなどで世界的シェアを持つ強みを活かしながら、独自色のあるWebマーケティングを展開し、日本での市場拡大を目指している。その原動力として、直販サイト「HP Directplus」がある。
 同社営業統括コマーシャルビジネス統括本部SMBマーケティング部主任の室裕朗氏は、「インターネットを利用した直販ビジネスは非常に伸びている市場です。弊社でも『HP Directplus』として、オンライン販売に力を入れています」と語る。
 同社の事業の特徴は、パソコンやプリンタなどのパソコン関連製品とソリューションの提供に大別される。「HP Directplus」で販売しているのは、パソコンやその周辺機器など、オンラインストアで売買が成立する商品群だ。
 また、「HP Directplus」は、単なる直販サイトという位置付けだけではなく、同社のほかのビジネスと連携するための、顧客と企業を結ぶ架け橋的な存在となっている。
 パソコンは、注目される製品カテゴリーではあるものの、市場の飽和化、低価格化により、利益が上がりにくいものになっている。そうしたことを踏まえ、同社では、Webサイト経由でパソコンを購入しに来た顧客を、いかにワークステーションやほかのソリューションなど、同社が得意とする分野へ誘引できるかに力を入れている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年9月号の記事