“食”に関する話題に絞ることで質の高いコミュニティ作りを目指す

メイプル(株)

B食倶楽部は、「おいしくて、幸せな時間の共有」をキャッチフレーズに、食文化に特化したブログコミュニティサイトとして、2004年11月にスタートした。会員からの紹介がなければ入会することができない制約がある中で、着実に会員数を伸ばすとともに、会員から寄せられる飲食店情報も1,000件を突破するなど、予想以上の成長を続けている。同倶楽部を運営するメイプル(株)は、さまざまなビジネス展開を模索する一方で、コミュニティサイトの制作を受注するなど、着実に収益を上げつつある。

ネット・コミュニティ作りにはブログが最適と判断

 「おいしくて、幸せな時間の共有」をキャッチフレーズに、食文化に特化したブログコミュニティサイトとして、2004年11月11日にスタートした「B食倶楽部」。同倶楽部を運営するメイプル(株)は、2002年5月に、「ひとりひとりを幸せにするITサービスを届けたい」という思いのもとに、「健康」と「観光」をテーマに事業展開する企業としてスタートした。健康関連では、健診結果閲覧&健康の自己管理システム「フェニックスケア」などを開発し、(財)京都工場保健会に提供している。また観光関連では、兵庫県大河内町のモバイル観光ガイドシステムや、歴史街道推進協議会のQRコード付きパンフ連携携帯サイトを受託するなど、着実に実績を上げてきた。
 同社が「B食倶楽部」を開設するきっかけについて、編集長の古瀬幸広氏は、「健康の基本は正しい食事からです。食は観光にも通じるところがあるので、会社として取り組むべきではないか。それから、いま、日本の食がおかしくなっていることを実感していて、みんなで真面目に食を考える機会を持ちたいという思いもありました」と説明する。
 そこで同社では、B食倶楽部を情報発信スペースやある特定のメディアとしてではなく、コミュニティにすることを考えた。つまり、このサイトに参加する一人ひとりが自分の身近にあるとっておきのお店を教え合うことによって、「会員が、豊かになれる」(古瀬氏)という情報共有の精神が込められている。ブログを採用したのも、コミュニティサイトというコンセプトのもと、「選ばれた会員のみにデータベースへのアクセス権限を与えて、フォームに入力していただくという方法もありますが、それでは敷居が高すぎる。その点、ブログは会員みんなが感想を書ける、写真が簡単にアップロードできる、インターフェイスもすごく良い」と、現時点のインターネットのツールの中で最適だと判断したからである。
 B食倶楽部の会員になれば、すべてのサービス(ブログやソーシャルネット)を無料で受けることができる。しかし、ただひとつルールを設けており、「友だちから招待状をもらわないと登録できない」という仕組みになっている。現在、会員数は約500名。年内に、3,000名を目指している。ちなみに、非会員でもすべてのブログを見たり、コメントを書いたり、トラックバックをしたり、登録されている飲食店の検索をすることができる。現在、B食倶楽部に訪れる人数は、1日当たり2,000人を数える。さらに、1日当たりのPVは多い日で2万に上るという。
 2004年11月にスタートしたB食倶楽部では、優良飲食店データベースに登録された件数が、3カ月で1,000件を突破。すでに2,500件に達する勢いだ。この数字に関しては、予想以上と見ている。古瀬氏によると、昨年末までの会員数は100名にも満たなかった。それでも、1日に登録されていくお店の数は約10軒ずつと、今と変わらないペースで登録されていったと言う。「会員1人当たりの情報発信パフォーマンス数値を出すと、ほかの一般的なブログサイトの倍以上でしょう。食いしん坊で、情報発信力の高い人が見つけて、入会してくれています」と分析する。他のWebサイトでブログを書いていた人たちが、食べ物好きが多くてコメントがたくさん寄せられるからと、メインのブログをB食倶楽部に移行するケースも増えてきているという。つまり、「食べ物に関する最もクオリティの高い情報はB食倶楽部にあるという状態を作りたい」という古瀬氏の狙い通りになりつつあると言えるだろう。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2005年5月号の記事