ネットショッピングは企業とお客様の双方にとってメリット大

(株)ファンケル

(株)ファンケルのネットショッピングは、売上高が2001年210%、2002年173%,2003年150%と急拡大している。それは、お客様にとっても同社にとっても、時間と手間とコストを軽減できるメリットが大きいからだ。また、eメールやメールマガジンもフル活用。その効果を最大限に高める取り組みをレポートする。

eメールをダイレクトマーケティングのメディアとして有効活用

 1980年の創業以来、「安全、安心、優しさ」を基本精神に、無添加化粧品や健康食品の通信販売会社として、ユーザーから厚い信頼を得ている(株)ファンケル。現在、通信販売、133の直営店舗での販売、コンビニエンスストアやスーパーマーケットへの卸売に加え、1997年8月からスタートしたネットショッピングを含む、4つの販売チャネルを有効に活用。主力の通信販売では、化粧品の情報誌「ESPOIR」と健康食品の情報誌「元気生活」の2種類を毎月発行している。
 同社の2003年3月期決算では、総売上高900億2,500万円のうち、通信販売が593億3,300万円。これを受注チャネル別に見ると、電話50%、ハガキ18%、Webサイト・eメール18%、FAX・テレメート(音声自動認識)14%の順。Webサイト・eメールによる受注は約63億円で、前年比150%の伸びだ。これを商品別に見ると、化粧品が44%、健康食品が36%となっている。2001年には、化粧品・健康食品部門のネットショッピングで売上高日本一をマーク。2005年の売上目標を100億円に据えている。
 このように、インターネットの利用が日の出の勢いで伸びている理由を、インターネット推進部長の阿野純一氏は、次のように分析する。
 まずは、欲しい商品や情報がすぐに見つかるように、Webサイトを、化粧品をテーマにした「Beauty web」や、健康食品をテーマにした「Healthy web」など、6つのジャンルに分けていること。在庫状況や含有成分もリアルタイムで確認でき、キーワード・商品番号・目的・キャンペーン・新商品などさまざまな切り口から商品や情報を検索する機能も設けている。
 次に、 365日24時間いつでも申し込めるところ。 実際、ネットショッピング利用者の36%が夜21時以降に申し込んでいる。次に多いのが昼の13時頃。OLが昼休みを利用して、携帯電話から申し込めるところが人気を呼んでいるそうだ。
 さらに、同社には購入金額の5%をポイントとしてお客様に還元し、500ポイント以上貯まると、次回の買い物から1ポイント当たり1円ずつ割り引きを受けられる制度がある。これがネットショッピングでは、直営店に買いに行ったり、電話やFAX、ハガキで注文するよりも、少しお得な6%が還元される。
 また、イーバンク銀行に口座を開設しておけば(無料)、代金の支払いの際に、銀行や郵便局に行く時間や手間を省け、口座維持手数料や送金手数料を負担することもなく、自宅で空き時間を使って簡単に振り込むことができる。しかも電子記録が残るので、振込用紙の控えを保管する必要もなく、紛失リスクもない。
 ネットショッピングを利用すると、通販にありがちな注文商品の数、サイズ、色、商品番号の聞き間違え、書き間違え、読み間違えを防げる。その上、商品に対する問い合わせや、意見、苦情など、言いたいことや聞きたいことをいつでもeメールで送受信できるので、時間的な拘束を受けずに済む。
 2000年からは、Webサイト上で会員登録した人に毎月2回、メールマガジンの配信を始めた。現在の登録会員数は50万人。入会費・講読料は無料だ。コンテンツは、ポイント2倍商品や新規発売商品、ネット申込者限定商品や、キャンペーンやプレゼント商品の案内、紹介者と紹介された人双方にお得な友達紹介特典など。お客様にとってメリットがあるだけでなく、同社にとっても、ブランド・イメージの定着、商品特性の詳説、リピーターの増強、新規顧客・見込客の獲得などに役立っている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2004年3月号の記事