7種類のメルマガとeメールでお客様の株式取引をバックアップ

松井証券(株)

日本で初めてインターネットによる株式取引をスタートさせた松井証券(株)。インターネットやeメールをフル活用して投資情報を提供。その中からお客様が自分で情報を選択し、自己責任において低コストで株式や為替の取り引きができるよう、強力にサポートしている。

インターネット取引の魅力は「低コスト」「高スピード」「機密性」

 2004年3月期第3四半期(2003年4~12月) 決算で91億円と、過去最高の営業利益を上げた松井証券(株)。同社は1998年5月、日本で初めて本格的なインターネット取引システム「ネットストック」を始めたことで知られる。また、お客様の自己責任による株式売買を推進する一方で、不測の事態に備え、顧客資産の保護のためにひとり当たり10億円の保険にも一番乗りで加入した。この顧客志向の強さが今日の繁栄につながっている。
 同社はなぜネット取引に特化したのだろう。そのメリットを営業推進部 部長補佐の中村茂氏に伺った。
 まず、株式取引に際し、お客様のコスト負担を軽減できる点だ。対面型の証券会社のような外交営業スタッフや支店が存在しないため、コストは圧倒的に安く済む。同社はこれをお客様に還元し、株の売買手数料を10分の1に引き下げた。1日の約定代金の合計が300万円までなら何回売買しても手数料は3,000円という「ボックスレート」である。さらに4~12月は、1日の約定代金が10万円までなら手数料無料(2005年より1日10万円まで500円)、1日に同銘柄を売買した場合の片道手数料を無料とする新料金体系を発表した。複数の取引手法を併用してもインターネット経由なら携帯電話やPDAからでも上記「ボックスレート」が適用される。また口座管理料、株券保管料、預株制度利用料もすべて無料。ちなみに預株制度とは、同社に預けた株を貸し出し、一定条件を満たせば預株料として収益が還元される仕組みだ。
 2つ目は、証券会社の営業時間に限られる対面型取引に対して、ネット取引なら24時間いつでもお客様の都合で取引できる点だ。また、ネット取引はお客様のリスク管理にも優れている。例えば、信用取引で追加委託保証金(追証)が発生した場合なども、お客様へ速やかに連絡できるので、続行か打ち切りかの判断が速やかに行える。刻一刻と変動する世界の主要7通貨の為替取引にも非常に便利だ。
 3つ目は、こうした売買や連絡などをお客様の会員画面で行っているので、一般的なメーラーのように他人からeメールを覗かれる心配がなく、お客様の個人情報のセキュリティ管理が万全な点だ。
 4つ目は、お客様が営業担当者からの銘柄紹介や取引誘導など煩わしい電話を受けずに済み、気兼ねなく自分のペースでじっくり取引できる点。
 5つ目は、入金時にお客様に振り込みの手間や、手数料を負担させない点だ。ジャパンネット、東京三菱、三井住友、UFJ、みずほの5行と郵貯からのネット入金では、手数料無料で振り込むことができる。
 同社のネットストック口座数は、現在12万口座、うち信用取引口座は3万4,000口座ある。1日の約定件数は平均4万件、月間売買代金は1兆円を超える月もある。同社ではこれらのお客様に対し、リアル&バーチャルの両面で、さまざまな情報提供を行っている。
 まずリアルな情報提供としては、エリアや取引年数などの経験レベルに合わせて毎月開催している各種株式セミナーを、eメールで12万口座に案内している。もちろん、申し込みはネットで行える。
 また、Web上のQuick「リサーチネット」を利用すれば、リアルタイムで各銘柄の株価・チャート・スクリーニング・ポートフォリオ、上場企業の概要・業績推移・財務状況、週間予想、人気エコノミストの戦略レポート、トップアナリストの業種レポートなど豊富な投資情報を無料で簡単に見られる。
 このほか、「ネットストックトレーダー」や、「ディーリングブラウザ」といった会員専用の詳細な有料株価情報サービスもある。これらにはプロのディーラー並みの情報が満載だ。前者には、日経平均やTOPIX、先物・オプション取引状況、テクニカルチャートや最新株式ニュース、売買高や売買代金のランキングもリアルタイムで表示される。後者では、30種類のテクニカルチャート分析や、ニュースを反映したリアクションチャートの検証ができる上、ヘッジファンドなどスプレッド取引をサポートする専用画面、外国為替の市況やチャートも表示される。また平均5分に1本ずつ1日約75本の株式ニュースの配信や、音声による株価読み上げ、設定した株価を通知するリミットマインダー、各種ランキング表示などのサービス機能も付いている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2004年3月号の記事