IBMのコーポレート・ブランドを個々の製品・サービスにまで反映 一貫したメッセージを届ける

日本IBM(株)

1999年にIMC専門組織を設置

 IBMは、周知の通り全世界に拠点を持つグローバル企業。1937年に設立された日本IBM(株)も、情報処理システム、通信システムなどの分野で高い実績を築いてきたが、国内向けの製品・サービスブランドに関しても、IBMのワールドワイド戦略が貫かれている。
 現在IBMがブランディング戦略の核として打ち出している言葉は「e-business」。同社はこのキーワードを「インターネットを活用した新しいビジネスの仕組み」と定義。これには「ネットワークとコンピュータを経営戦略に有効に活用し、企業の基幹システムと関連会社、協力会社など、すべての関係者をインターネットで結びつけ、ビジネスプロセスの全過程に大きな変革をもたらし、企業に新たな競争力を作り出すもの」という意味合いが込められている。したがってIBMは「インターネットをビジネスに取り入れる際、ただ単にハードウェアやソフトウェアを提供するのではなく、各企業のビジネス環境を把握し、ビジネスプロセスをより効率的なかたちに変える“ソリューション”を提供する」という姿勢を明確にしている。
 日本IBM(株)を含む、米国IBM以下、全世界の拠点では、顧客とのすべてのコミュニケーションにおいて、この理念を反映させるよう配慮。IBMとしてひとつのブランディング戦略を実施し、顧客との良好な関係づくり、すなわちCRMを推進している。
 IBMは、こうしたコーポレート・ブランディング戦略を実現するため、全拠点のマーケティング部門に、IMC(インテグレィテッド・マーケティング・コミュニケーション)専門の組織を1999年から設置している。

IBMのIMC組織図

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年10月号の記事