顧客に選ばれる自動車保険を目指す

チユーリッヒ保険会社

今までにない保険を開発

 チューリッヒ保険会社は、チューリッヒ・ファイナンシャル・サーピシズ・グループ( Zurich Financial Services Group)の日本支店である。同グループは1872年に設立、スイスのチューリッヒを拠点に、世界60カ国以上で損害保険、生命保険、再保険、アセット・マネジメントなどのサービスを展開。保険金支払い能力では、スタンダート&プアーズ社やムーディーズインベスターサービスといった世界的な格付け機関から高い評価を受けている。1997年度の総収入保険料は約2.8兆円、正味保険収入料は約2.5兆円であった。
 日本では、同社のダイレクト事業本部が1997年から各種損害保険の通信販売を開始。顧客とダイレクトに取り引きすることによって、中間マージンを削除し、より低価格な商品を顧客に提供してきた。1998年1月からは、アメリカンホーム保険会社に次いでリスク細分型自動車保険「スーパー自動車保険」の取り扱いを開始。沖縄を除く46都道府県で一斉に発売をはじめると同時に、新聞、雑誌、テレビ、ラジオで大々的に商品告知を行った。これはリスク細分によって最大40%の割引率を実現すると同時に、従来にない補償内容を持っているのが特徴。
 「スーパー自動車保険」で保険料を左右する主な要素は、年齢と居住地域だ。「21歳未満不担保」「26歳未満不担保」「全年齢担保」のほかに、30歳代以上のドライパーによる事故発生頻度は非常に低いため、「スーパー自動車保険」では「30歳代以上の方だけが運転される場合」の「30歳未満不担保」の区分を設けている。また、事故発生頻度は地域の交通量や運転環境によって異なるため、同社では全国を北海道、東北、関東・甲信越、東海・北陸、近畿・中園、四国、九州の7つのエリアに区分し、各々の事故発生率に見合った保険料を設定している。
 このほか同社独自の保険料算定基準として、1998年11月から新たに「安全運転者特別割引制度」を導入。1年間無事故の“16等級”を続けている優良ドライパーの場合、さらに5%の割引を追加。このほかワゴンやバン、セダン、クーぺといった車の形状によっても事故発生率が異なることから、車両形状ごとの保険料も設定している。またデュアルエアバック、ABS装備車も割り引きの対象にした。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1999年4月号の記事