ひとりひとりの“眠り”にフィットする枕を見て、触って、使って選べる

ロフテー(株)「枕工房」

睡眠に関する総合的な研究を進める「快眠スタジオ」

 ロフテー(株)の前身、(株)三芯商會の創業は1928年。帯の芯地のメーカーとしてスタートした。
 創業者である前会長、故・磯貝龍利氏は不眠に悩んでおり、出張の際などには普段から使っている枕を持参するほどだった。起業家精神に富むアイディアマンでもあった同氏は、睡眠に関する研究を重ね、1953年、圧力や摩擦によって劣化しやすい中央部分を補強した「中央厚織シーツ」を開発。これ以降、同社は寝具メーカーとして知名度を高め、現在に至っている。
 近代社会は、人々に次々と新しい楽しみや利便性を提供し続ける一方で、健康に関するさまざまな弊害も生んできた。そのひとつの表れとして、「眠れない」「睡眠に満足感を得られない」と訴える人々が増えている。
 “新しい価値を創造して社会に貢献する”ことを企業理念に掲げる同社では、1989年に「快眠スタジオ」を設置した。これは、人間工学や医学といった科学的側面や、文化人類学や民俗学といった文化的側面から睡眠の研究に取り組んでいる何人もの専門家と協力関係を結び、睡眠に関する総合的な研究、および商品開発を推進する部門である。
 この研究の成果として生まれたのが、個々人の体型や好みに合わせて高さや素材を選べる「快眠まくら」だ。約5年前から百貨店の店頭で催事を開催し、ここでテスト的にコンサルティング販売を開始した。これによって得られた数千人の利用者の確かな手応えと、そのデータ、生の声を踏み台に、同社では96年4月から、「快眠まくら」のコンサルティング販売を行う常設のコーナー、「枕工房」を全国の百貨店内に設置してきた。北は札幌市から南は鹿児島市まで、現在、「快眠まくら」のコンサルティング販売を実施している百貨店は47店舗。本社ビルに設置されたショールームを合わせ、48拠点で「快眠まくら」の販売を行っている。

「快眠まくら」の注文も受け付けているロフテー(株)のショールーム。壁面には何十種類ものサンプルが並び、中央にある棚の裏側にはベッドが備え付けられている

「快眠まくら」の注文も受け付けているロフテー(株)のショールーム。壁面には何十種類ものサンプルが並び、中央にある棚の裏側にはベッドが備え付けられている

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年8月号の記事