世界にひとつ!  自分だけの時計を作る

シチズン時計(株)「時計工房 マイクリエーション」

売り上げに結び付くホームページの設計

 シチズン時計(株)は、1996年10月、自社のホームページ上にオリジナル腕時計の注文に応じる「時計工房 マイクリエーション」をオープンした。広告は一切打たず、朝日新聞などに掲載されたパブリシティで告知されただけだったが、「限定1,000個」をうたっていたにもかかわらず、スタートから約2カ月で9,000件の注文を受け付けた。この反響に応え、現在では「時計工房 マイクリエーション」はホームページの常設コーナーとなり、年間を通して注文に応じている。
 「時計工房 マイクリエーション」の開設までにはいくつもの伏線があった。
 同社では91年から、生産工程の効率化を図るための技術革新に取り組んできた。それ以前、時計の製造最小ロットは1,000個単位、企画から完成までには3カ月を要していた。これを、ダミーの作成をコンピュータから印画紙出力した画像に置き換えたり、本社と営業所、工場をISDNで結び、人が行き来することなく情報をやり取りできる体制を整えるなどして、受注可能な最小ロットを100個単位に、納期を1カ月に短縮するノウハウを確立したのだ。これがパーソナル・オーダーに応じるための技術基盤となった。
 さらに94年、インターネットをどのように活用していくかという議論の中で、経営トップから「ホームページのコンテンツに、ひとつは事業に結び付くものを」との要請が出る。
 この企画に当たった企画部 メディア事業企画グループリーダー 堀明浩氏の頭の中には、「ここ何十年、時計の歴史は多様化の歴史だった。これを突き詰めていけば、ある人々にとっては、時計は自分で作るものになっていくのでは」という読みがあった。
 オーダーメイドの時計にどれだけの人が興味を示すかはまったくの未知数だったが、同社は“トライアル”の意気込みで「時計工房 マイクリエーション」をスタートさせた。その結果が期待以上の好反応であったのは、前述の通りである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年8月号の記事