バーチャルモデルハウスで完成形を確認 AUTHENTIC SCENES nature

三井ホーム(株)

納得した上で購入決定を

 三井ホーム(株)では、円高により輸入製品に多くの人々の関心が集まっていた 1996 年 7 月 5 日、輸入住宅「AUTHENTIC SCENES nature」シリーズを発売した。輸入住宅と呼ばれるものの中には内装・設備には国産材を用いている場合が少なくないが、同シリーズは資材のすべてをまとめて輸入することによって、坪当たり約 47 万円という比較的低廉な価格設定を可能にした。これは同時に、個々の顧客の特殊なオーダーは極力我慢していただくことを意味している。

 一般生活者にとって住宅の購入は、一生にせいぜい数回の“高い買い物”。にもかかわらず、注文建築の場合には、購入決定の際に現物を確認することができない。「購入前に、いかにして現物に近いものを見ていただくか、バーチャル体験を提供できるかが住宅メーカーにとって大きな課題」(業務推進部 広告宣伝課長 古徳真人氏)だ。「AUTHENTIC SCENES nature」シリーズのような“完全規格商品” の場合には、そのニーズはなおさら高くなる。
 住宅の“バーチャル体験”は、モデルハウスで行われるのが一般的。だが、同シリーズのモデルハウスは東京・浜松町と神戸市の 2 カ所のみで、決して十分な数とは言えない。
 そこで同社では、同シリーズを紹介する CD-ROM カタログを制作。全国紙、地方紙、住宅専門誌に広告を出稿し、請求を募った。同シリーズのターゲットは、はじめて住宅を購入する“一次取得層”。30 代前半から 40 代前半までの、デジタル・メディアに抵抗感の少ない若い世代だ。集中的に広告出稿を行った 1996 年 7 ~ 8 月の 2 カ月間で 2,000 枚を配布。紙のカタログの希望者も合わせると、広告へのレスポンスは件数にして平均より約 20%多かったという。 CD-ROM カタログはその後もプレスを重ね、これまでに累計で約 5,000 枚を配布した。
 広告には各地区の営業所の電話番号を掲載。カタログ請求者は最寄りの営業所に電話をかけるか、広告に付いている資料請求券を切り取ってハガキに貼り、郵送する。請求者には後日、営業所の営業担当者がカタログを持参、建築計画などをおうかがいするという順序になる。

A_12

CD-ROM カタログの請求を募る新聞広告

A-5

CD-ROM カタログの表紙。中面には操作方法についての説明が記載されている

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年7月号の記事