お好みの5書体を自由にチョイス TTW フルチョイス

(株)リコー

プリペイドのフォント・セット

 フォント(書体)はクリエイティブの良し悪しを決める重要な要素。このところ他のソフト同様に、その多様化、低価格化が進んでいる。店頭のスペースには限りがある。単品ですべてのフォントを並べる余裕はないので、小売側はいきおい、1 つに何十種類もの書体を盛りこんだセット商品の品揃えを強化することになる。しかしこれを買い求めても、実際に使っているのはほんの数種類、というケースは決して少なくない。ユーザーにとっては「本当にほしいものだけでいいから、もっと安く購入したい」のが本音なのだ。
 そこで(株)リコーでは 1996 年 7 月、NTT テレマーケティング(株)の「miTa-KaTTa サービス」を活用したプリペイドのフォント・セット「TTW フルチョイス」を発売した。Windows 版と Macintosh 版の 2 種類があり、価格はいずれも 1 万 5,000 円。 CD-ROM に“鍵”をかけたフォント 72 種類が収録されており、購入者はその中から 5 種類を選択、「miTa-KaTTa センター」にアクセスして“鍵”をあける仕組みである。販売は従来通り、店舗を介して行われるので、既存流通チャネルとの軋轢が生じる心配もない。
 商品は約 10 誌のパソコン関連雑誌に出稿した広告と、「Windows World Expo/Tokyo」「Mac World Expo/Tokyo」などのコンピュータ関連のイベント会場で配布したパンフレットや、マウスパッドに記載して告知。これまで Windows 版と Macintosh 版、そ れぞれ約 4,000 本を出荷した。
 フォントの使用に際しては購入者が自らの意志で「miTa-KaTTa センター」にアクセスする必要があるため、「どのフォントが人気があるのか、手にとるようにわかる」(フォント開発センター 松里和明氏)のはもちろん、顧客データも収集できる。このインタラクティブな販売形態によって、「販売と同時にマーケティングができるのが大きなメリット」(松里氏)だ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年7月号の記事