店頭の販売活動を側面から支援

ピジョン(株)

ベビー&シルバーのケア用品、ソフトサービスを提供

 ピジョン(株)は、1997 年 1 月期で 312 億円の年商を上げているベビー用品のトップメーカーである。ピジョン(株)哺乳器本舗として、ほ乳びんの製造・販売を中心に、実質的に企業としてのスタートを切ったのは 1957 年。1975 年からはシルバー市場に参入、失禁関連用品や歩行補助器などを取り扱う。売り上げに占めるベビーとシルバーの割合は約 9:1 である。
 マタニティ・インナーおよびアウターの製造・販売は関連会社のピジョンウィル(株)が担当。百貨店や専門店との直取引で商品を販売している。一方、ピジョン(株)では原則として全国 16 カ所の特約代理店から、さらに 55 カ所の問屋を通じて販売を行っている。例外として(株)赤ちゃん本舗と日本トイザらス(株)とは、直接、取り引きを行っている。
 またピジョン(株)では、ハードとしての商品の提供だけではなく、ソフト面での事業も併せて展開することにより社会に貢献しようと、1993 年に茨城県の常総研究所内に保育園を開設。現在では JR 吹田駅構内、JR 稲毛海岸駅前、JR 柏駅前などで、4 つの保育園を経営している。ほかに全国 7 カ所のスポーツクラブ、百貨店、ショッピングセンターなどで託児サービスを、1996年からは1都3県でベビーシッターの派遣を行っている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年5月号の記事