マタニティ&ベビーカタログが新規顧客開拓に大きく貢献

(株)千趣会

職場を離れても末永いお付き合いを

 通販業界第 2位 の(株)千趣会では、ゼネラルカタログ 3 種類、アイテム別・ターゲット別のスペシャルカタログ 15 種類、合わせて 18 種類余の主要カタログを発行、1996 年度で合計約 9,000 万部を配布している。
 同社は全国のオフィスで働く、主に 20 代女性のグループに、オリジナル商品を頒布方式で提供する“職域販売”で成長してきた企業。しかし、女性が職場を離れると、それっきりお付き合いがなくなってしまうという課題があった。そこで「ベルメゾン家族」など、ファミリー向けのカタログを充実させ、徐々に個人顧客を拡大してきた。
 同社が 1987 年 11 月に創刊した「Maternity & Baby」、さらに 3 年後の 1990 年に創刊した 1 〜 13 歳児向けの「CHILD」は、言うまでもなく個人向けのカタログだ。妊娠・出産・育児という女性の人生の中で最も大切な時期をサポートすることがこれらのカタログの目的であるが、これをきっかけとして、一生を通じて、また、家族ともどもお付き合いいただける顧客を開拓し、育てていくという意味合いも大きい。「Maternity & Baby」は有効期限が 1 〜 8 月の春夏号、9 〜翌年 2 月の秋冬号の年 2 回の発行。「CHILD」の発行は、有効期限が 1 〜 6 月の春夏号、4 〜 7 月の夏号、8 〜 12 月の秋冬号の年 3 回である。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1997年5月号の記事