通信ネットワーク最前線(第40回)

イー・トレード証券(株)

1999年10月1日より、インターネット上での証券取引業務を開始したイー・トレード証券(株)。インターネットとの両輪をなすチャネルと位置付けられる、コールセンターの現状を紹介する。

米国イー・トレード社 日本上陸

 国内のインターネット人口が1,700万人に達すると言われる今日、利用者の急増に支えられて、マーケティングにおけるインターネットの活用が広がりを見せている。中でも電子商取引への参入が活発化し、とりわけインターネット上での証券取引への関心が高まっている。
 インターネットの先進国である米国では、インターネットを活用した証券取引が拡大し、オンライン・ブローカーが高収益を上げている。中でも個人投資家については、2000年までにオンライン取引の割合が50%に達するという予測が出されるなど、市場の急激な拡大が続いているという。
 米国におけるオンライン・ブローカーの最大手として知られるイー・トレード社のウェブサイトは、現在、米国だけでも155万人以上の投資家に利用されており、カナダ、オーストラリア、フランス、スウェーデン、イギリスをはじめとする世界119カ国もの国々でサービスを展開している。1998年6月には、イー・トレード社とソフトバンク(株)が日本における合弁会社 イー・トレード証券(株)を設立し、日本への参入を果たした。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2000年1月号の記事