通信ネットワーク最前線(第21回) 

AT&T Jens(株) 

今、通話料金が安いことで注目を集めているインターネット電話。AT&T Jens(株)が提供するインターネット電話サービス「AT&T @phone」について話を聞いた。

独自の環境を利用したインターネット電話サービスを開始

 AT&T Jens(ジェンズ)(株)は1984年、米国AT&T社と大手日本企業25社との合併により設立されたグローバル通信企業。日本初の商用インターネット・サービス・プロバイダーとして1992年11月に商用インターネット・サービス「S p i n 」( 現「AT&T ワールドネット・MIS」)を開始し、AT&Tインターネット・バックボーンを利用して、世界各国へ直接接続を行っている。1997年12月には、個人ユーザーを対象としたインターネット接続サービス「AT&Tワールドネット・サービス」を開始。現在、この加入者数は世界で約100万人に上る。
 同社が提供するインターネット・サービスは、これまで①専用接続線やダイヤルアップIP接続といった“接続サービス”、②「専用線の帯域を有効に使いたい」「ダイヤルアップでもウェブで情報発信がしたい」などのお客様の要望に応える“ホスティングサービス”、③ゲートウェイマシンの設定・設置、ファイアウォールの構築サービスなどインターネット接続の際の難問を引き受ける“プロフェッショナルサービス”の大きく3つであったが、さらなるサービス内容の拡充を図るため、1997年8月4日よりインターネット電話サービス「AT&T @phone」の提供を開始した。
 発表当初、同サービスを提供できる体制は整っていたが、当時はインターネット国際電話に対して郵政省の認可がおりていなかったため、課金することができなかった。そこで同社では、まず8月中の申込者に対しては、当月使用の国際電話に限り、30分間無料サービスを実施することで対応。郵政省の認可がおりた翌日の8月27日より課金を開始した。
 現在、インターネット電話サービスを提供する、もしくは関連機器を提供する事業者は数10社あるが、サービスの位置付けは事業者によって異なる。コモンキャリアなどでは「従来より安い通話料金の電話サービス」ととらえられ、インターネット事業を中心に行っている事業者などでは「インターネットサービスのひとつ」と位置付けているケースが多いようだ。ちなみに、インターネット・サービス・プロバイダーである同社のインターネット電話サービスの位置付けは後者である。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年6月号の記事