ユーザー参加型のアプリ開発プロジェクトでFacebookページを活性化

KDDI(株)

KDDI(株)では、2011年8月からau公式Facebookページ上でユーザー参加型のアプリ開発プロジェクト「もっとFacebook」を展開。企画会議の内容を公開し、ユーザーのコメントや投票を受け付けて、それを企画に反映させていくという方法で、ユーザー視点を取り入れたアプリ開発を実現した。

Facebookページへのユーザーの関与度向上を目的にユーザー参加型のアプリ開発プロジェクトを展開

 「au」ブランドで移動体通信(au携帯電話)事業と固定通信(ブロードバンド・インターネット/電話)事業を展開するKDDI(株)。
 同社では2011年8月からau公式Facebookページ上でユーザー参加型のアプリ開発プロジェクト「もっとFacebook」を展開し、2012年3月、その成果として、無料で利用できるFacebookアプリ「vottie」の提供を開始した。
 同社では2011年5月にau公式Facebookページを立ち上げて運用を開始した。その目的は、auの商品やイベント情報、さまざまな取り組みなどを紹介すると同時に、auユーザーから投稿されるコメントや写真、動画などのコンテンツを掲載することで、同社とユーザー、さらにはユーザー同士のコミュニケーションを実現することであり、実際に同社からの多種多様な情報の発信をベースとするコミュニケーションが展開されている。
 しかし、単に情報を発信するだけでは、ユーザーからの積極的な投稿を引き出し、活発な双方向コミュニケーションを実現することは難しい。このような認識の下に企画・開始されたのがユーザー参加型のアプリ開発プロジェクト「もっとFacebook」。同企画においては、アプリを開発すること自体よりも、開発の過程をユーザーと共有することにより、ユーザーのau公式Facebookページへの関与度を高めることが目的となっている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年6月号の記事