良質な遊具・玩具を導入したキッズランドで顧客満足度を向上

トヨタカローラ横浜(株)

トヨタカローラ横浜(株)戸塚下倉田店では、(株)ボーネルンド提供による遊具・玩具を導入した広く充実したキッズランドを設置。高い顧客満足度を実現するとともに、子ども連れの来店客が安心して商談できる環境を整備することで、業績の向上にもつなげている。

ショールームや展示会への集客が営業上のテーマに

 トヨタカローラ横浜(株)戸塚下倉田店では、店内に(株)ボーネルンド提供による遊具・玩具を導入した、広く充実したキッズランドを設置し、子どもにも喜んでもらえるショールームを実現している。
 トヨタカローラ横浜は、横浜市東南部や三浦半島など神奈川県東南部をテリトリーに、新車店舗19店、UCar(中古車)店舗2店を展開するトヨタ系列のカーディーラー。同社がテリトリーとするエリアは神奈川県の中でも人口の伸びが停滞しているエリアであり、その中に数多くのカーディーラーがひしめいていることから、自動車販売における激戦区となっている。さらにテリトリーの約半分は同じく神奈川県に本拠を置くトヨタカローラ神奈川(株)との併売地区となっていることから同ブランド内での競合もあり、自動車販売全体が停滞する中で、同社を取り巻く環境は非常に厳しい。
 その中で戸塚下倉田店は、「地域のお客様に気軽にご利用いただける」店舗を目指して、2006年8月、横浜市戸塚下倉田町にオープンした同社の基幹店舗のひとつ。1,600坪を超える敷地の中に地上2階建ての新車店舗、地上1階建てのU-Car店舗、地上4層5階建ての駐車棟を設けており、さらにU-Car部門の戸塚商品化センターも併設している。
 近年、自動車販売においては、営業スタッフによる戸別訪問を中心とするプッシュ型の営業から、ショールームや商業施設内の展示会などへの集客をベースとするプル型の営業への転換が進んでいる。同社でも1980年代前半までは、例えば新人営業スタッフに1日100件の新規飛び込み営業を課すなど、プッシュ型の営業手法を採っていたが、共働き世帯の増加などに伴う昼間在宅率の低下によって効率が悪化したことから、徐々にプル型営業への移行を進め、現在ではいかにショールームやテリトリー内の商業施設などで開催される移動展示会への集客を図るかが、営業上の大きなテーマとなっている。
 その中で同社では、土・日曜日の予約来店客に無料で洗車・ワックスサービスを提供するなどの施策を展開しているが、さらにスペース的に余裕がある戸塚下倉田店のオープンに当たって、セルフ方式のガソリンスタンド併設などとともに実施したのが、広く充実したキッズランドの設置なのである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年7月号の記事