3社によるコラボレーションで期待を上回る成果をもたらす

アサヒ飲料(株)

アサヒ飲料(株)では今年2~4月の間、(株)ローソン店頭で同社の「十六茶」「超ファイバーゼロカロリー」を購入すると、(株)ゲームポットのオンラインゲーム内で使えるアイテムが当たるキャンペーンを展開。3社共通のターゲット層である20~30代男性への訴求という目標に対して期待以上の成果を収めた。

アサヒ飲料の商品を対象にコラボレーションを実施

 120余年に及ぶ炭酸飲料のロングセラー「三ツ矢サイダー」をはじめ、果汁飲料の「バヤリース」、缶コーヒーの「WONDA」、ブレンド茶の「十六茶」などを製造・販売するアサヒ飲料(株)は、アサヒビールグループのソフトドリンク事業を担う子会社。
 同社では2010年2月16日から4月30日まで、コンビニエンスストア大手の(株)ローソン、オンラインゲームの運営を行う(株)ゲームポットとの協業による、「ローソン限定!! アサヒ飲料×ファンタジーアースゼロ あたらしいゼロ、はじまる!! スペシャルコラボキャンペーン」を展開した。
 これは、アサヒ飲料の「十六茶」と「超ファイバーゼロカロリー」のいずれかをローソン店頭で購入すると、ゲームポットのオンラインゲーム「ファンタジーアースゼロ」内で使えるアイテムをプレゼントするというクローズド・キャンペーン。
 アサヒ飲料の「十六茶」はハトムギ、ハブ茶、昆布など16種類の健康素材をブレンドした飲料。1993年の発売以来、数回にわたって素材の内容や配分を変えつつ継続販売されてきたが、今年、新たなコンセプトとして“朝ブレンド”と銘打って、キャンペーン初日にリニューアル発売された。
 また、「超ファイバーゼロカロリー」は同日新発売の商品で、最近のトレンドを受けてカロリーゼロでありながらも、“食物せんい(1日の不足分7,500mg)”と“ビタミンC(1日分80mg)”が摂取できる。この2品とも20~30代の男性をメインターゲットとするものだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2010年7月号の記事