平凡な主婦ーその正体は省エネの使者 東京電力「でんこちゃん」

東京電力「でんこちゃん」

電気オンチから節電上手に

 「電気を大切にね!」のキャッチフレーズでお馴染みの東京電力のキャラクター「でんこちゃん」。おっとりとした、ちょっぴりとぼけた感じのキャラクターだ。作者は漫画家の内田春菊氏である。
 「でんこちゃん」がはじめて登場したのは、同社が一般家庭向けに電気の知識を普及するために作成したパンフレット。1987 年のことである。当初「でんこちゃん」は理科系に弱く、電気のことをあまり知らない、ごく一般的な家庭の主婦で、だんなさんが説明する“電気の話”の聞き役だった。
 そして、そのキャラクター性から、91 年の1月に“省エネPR キャラクター”としてテレビCM に起用されることに。当時は“朝シャン”が大流行。若者向けに「省エネ」を嫌みなく伝えられるキャラクターが求められており、これに「でんこちゃん」が抜擢されたのである。「ジャン、電気を大切にね!」というキャッチフレーズも軽やかで“受け入れられやすい”ことをポイントに決定したものだ。
 「でんこちゃん」の年齢は不詳。子どもでもなく、“おばさん”でもない。「省エネ」キャラクターになってからの「でんこちゃん」は、ずいぶん電気に強くなった。電気の知識をわかりやすくPR するという役割をすんなりとこなしている。
 「でんこちゃん」には、だんなさんと、だんなさんのお母さん、お父さんという家族がいる。「でんこちゃん」は、だんなさんと二人暮らしだが、時々だんなさんの両親が登場してくるというシチュエーションだ。このうちお父さんにだけは“分電盤”をもじった「分電 盤太郎」という名前がある。そのほかのプロフィールは不明である。
 「でんこちゃん」はテレビCM、パンフレット、リーフレット、ポスター、ホームページ、ラジオ、新聞、雑誌などの、あらゆる媒体に登場する。特に夏・冬の「省エネキャンペーン」では、その本領を存分に発揮している。
 でんこちゃんグッズには、ポケットティッシュ、メモ帳、自動点滅器コンセントライトなどがあり、「省エネキャンペーン」や、毎年春と秋に実施する「あなたの声キャンペーン」「ふれあいキャンペーン」などのイベントで、来場の記念品として配布されている。

パンフレットで省エネを呼びかける「でんこちゃん」

パンフレットで省エネを呼びかける「でんこちゃん」

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1998年2月号の記事