将来のパソコン・ユーザーをモニターとして組織

日本電気(株)

将来を睨んで女性モニターを組織

 女性のパソコン・ユーザーの意見を収集するために日本電気(株)の“She-Wave プロジェクト”が発足したのは、1991 年 1 月 。
 その頃、ホームユースを前提に PC-9800 シリーズを購入する顧客のうち女性の比率は約 8 % と決して多くはなかったものの、急激に増加の 一途をたどっていた。 同社では、パソコン市場がますます拡大するためには、女性のニーズに応えた商品開発、使い方などについての説明方法を研究することが重要だと考えたのである。プロジェクトの企画・運営は、同社の女性スタッフが中心になって行われた。

3-JPEG-0007_#1CAA

“She-Wave プロジェクト”のプレス用パンフレッ卜( 1991 年発行)

 メンバーのターゲットはオフィスでコンピュータを使っている 20代後半の女性と、家庭の主婦。 全国紙と、『マフィン』『クロワッサン』『ESSE』『レタスクラブ』などの女性誌に募集広告を掲載、計 1,400人を全国の主な支社ごとに組織した。そのうちパソコンを持っている人は約半数だった。
 この主な活動は、“映画”“旅行”などのテーマとパソコン体験を組み合わせたセミナーの開催、女性のパソコン活用事例などを掲載した機関誌 『She-Wave MAGAZINE』の発行などで、メンバーにパソコンに親しんでもらうとともに、セミナー会場や機関誌上でアンケートを実施するなどの方法で、パソコンに関する意見を収集した。
 これと並行して、同社では家計簿ソフトなどを搭載した女性用特別仕様のノート型パソコン“NT CLUB”を開発・発売している 。 1 万台の限定生産で、購入者には IDカードが発行される。購入者だけが利用できるフリーダイヤルによる 24時間 365 日のアフターサービスも実施した。店頭限定販売で価格が高かったこともあって販売は苦戦したが、当時大きな話題となった 。
 “She-Wave プロジェクト”は 1992年 12 月、 2 年間の期間を終えて解散している 。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1996年4月号の記事