お客様との接点を増やす「トヨタカード」

トヨタ自動車(株)

限られたパイの中でファンを獲得

 日本の自動車生産台数は 1990年をピークに減少傾向にある。海外需要対応は海外生産に移行しているため、頼みの綱は国内需要。国内登録・届出台数は 1990年をピークに93年まで減少を続け、 94年にやや持ち直してはいるというものの、今後再び大きく需要が膨らむことは期待しにくい。限られたパイの中でシェアを維持・拡大するために、 1995年 1 月、トヨタ自動車(株)では「トヨタカード」の発行をスタートさせた 。
 トヨタカードのヒントになったのは、 GM杜のGMカードをはじめとするキャッシュ・パック・サーピスを付加した米国各社のクレジットカードだった。このサービスは、カードで商品・サービスを購入・利用するごとにポイントが加算され、自社商品を購入した際、ポイントに応じた金額が戻ってくるというもの。
 トヨタカードの場合、トヨタ車両販売店、トヨタレンタリース店、およびSS 、ホテル、航空会社などの特定提携先でのカード利用は 1,000円につき 30ポイント、提携カード会社加盟店での利用でも 1,000円につき 15 ポイントを加算。トヨタ車両販売店で新車を購入、またはトヨタレンタリース店で新車をリース契約すると、過去 5 年間のポイント数を 1 ポイント 1 円で換算した金額が直接お客様の口座に振り込まれるという仕組み。お客様への返金は、トヨタ自動車(株)と提携カード会社が負担している。
 このサービスによって、トヨタファンはもちろん、現在はトヨタ車に乗っていない人も修理や車検にトヨタの店舗を利用するなど 、“オールトヨタ”とマーケットの接触機会が増えることを同社では期待している。キャッシュ・ バックというわかりやすいメリットは、同社の狙い通りカードの利用促進に大きな効果を発揮しているという 。
 トヨタカードが火付け役となって、本田技研工業 ( 株)、日本電気 (株) などが相次いで同様のサービスを付加したカードの発行を開始している。

わずか 5 カ月半で100 万人の会員を獲得したトヨタカード

わずか 5 カ月半で100 万人の会員を獲得したトヨタカード

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』1996年4月号の記事