【第24回】クレジットカードおよび電子マネーの利用状況に関する調査

選ばれるカードの条件はポイントの“ためやすさ”と“使いやすさ”。
7割強が電子マネーを利用。「WAON」が伸びる。

昨年に引き続き、生活者のクレジットカードや電子マネーの利用状況についてインターネット・リサーチを行った。昨年実施した同テーマの調査結果とも比較し、その動向を探った。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年3月号の記事