バックパッカーたちが気軽に宿泊できるゲストハウスを展開 客室稼働率は95%をキープ

(有)万両

低予算で海外を旅し、出会った人々との交流を楽しむ“バックパッカー”の文化は世界各国に普及している。世界的な観光地には、こうしたバックパッカー向けの低料金の宿泊施設も多いという。東京と京都で、世界各国のバックパッカーが気軽に利用できるゲストハウスを展開する(有)万両は、独自の運営ノウハウで高い客室稼働率を維持している。

ドミトリーと個室の2タイプがあり1泊2,000~3,500円が中心

 ボーダーレス化が進む今日、海外旅行を楽しむ文化は、日本や欧米諸国のみならず、経済力を蓄えたアジア諸国などに世界的な広がりを見せている。旅のスタイルは多様だが、多くの国々で若者を中心に定着している旅行形態のひとつが、“バックパッカー”に象徴される低予算の個人旅行である。
 バックパッカーという言葉は、こうした旅をする際に、バックパックを背負って身軽に各地を移動する者が多いことからきている。旅先で出会った人々との交流を積極的に楽しむのもまた、バックパッカーの旅の流儀だ。そして、こうした個人旅行者の宿泊の受け皿となるのが、ホステルやゲストハウスと呼ばれる低料金の宿泊施設である。
 低料金の宿泊施設と言えば日本国内ではユースホステルが広く知られているが、世界的にはこのほかにもゲストハウスなどと呼ばれる多様な形態があり、さらには宿泊施設をはじめとしたバックパッカー向けの施設が集積した“バックパッカー街”を持つ観光地も多い。しかし日本国内には、バックパッカーの受け皿となる宿泊施設はそう多くない。こうした中、近年では、2002年にFIFAワールドカップが日韓共同開催された際、訪日外国人客への対応に苦慮したという経験があるが、ここに商機を見出したのが、(有)万両である。
 同社設立は2003年。設立と同時に東京都台東区の海外の観光客が集まる浅草寺そばに「カオサン東京オリジナル店」を開業したのを皮切りに、都内と京都市内で施設を展開し、事業を拡大。施設の名称に冠する「カオサン」は、世界最大規模のバックパッカー街を有し、世界各国からの旅行者でにぎわうタイ・バンコクのカオサン通りにちなんだもの。2013年には、3施設を開業させ、現在、8施設を営業。いずれの施設も客室には、相部屋のドミトリーと個室があり、客室タイプなどによるが、宿泊料金は1人当たり1泊2,000 ~ 3,500円が中心。食事は提供しないが、共同利用のキッチンを備えており、自炊することも可能だ。
 全8施設を合わせた収容人員は約600人に達し、客室稼働率は年間を通じて95%程度の高水準。宿泊客のうち、日本人は5%に満たず、20代前半の外国人客が中心。国別では、台湾、タイ、韓国がトップ3で、合わせて全体の3割強を占め、以下、米国、オーストラリア、香港、マレーシア、インドネシアなどとなっている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2014年3月号の記事