外国人就労者のサポートをはじめ多様なニーズに対応する資金移動業を展開

グループ・キョウダイ

日本にいるペルーの人たちの支援を目的に設立された企業グループであるグループ・キョウダイでは、資金決済法に基づく資金移動業を展開。12カ国から集まった約60名のスタッフにより、さまざまな国籍を持つ利用者のニーズに則した、きめ細かいサービスの提供を実現している。

南米出身の日系人就労者のサポートから出発

 グループ・キョウダイは、(株)ウニードス、(株)アンヘル・ジャパン、および(有)キョウダイジャパンにより構成される企業グループである。
 同グループの設立は、1990 年の「出入国管理及び難民認定法」(入管法)の改正・施行を機に、日系ペルー人・ブラジル人就労者の受け入れが増加したことに端を発している。
 この時期の日本では、ペルーやブラジルから来日した日系人就労者が、悪徳業者から給料のピンハネをされるなど、さまざまな問題が発生していた。中でもひどかったのは海外送金に関する問題で、手数料として送金額の20%以上を取られるケースも珍しくなかった。そこで、ペルーにある日系人の信用組合であるアバコ、パシフィコ、アエロコープの3社が、日本にいるペルーの人たちを支援するために立ち上げた企業がグループ・キョウダイの出発点であり、3社が集まって創設されたことから「キョウダイ」という名称が付けられた。
 その後、同社は、低コストで海外の郷里への送金を代行する仕組みを確立。さらには南米商品の販売業も展開し、日本で働く多くの日系ペルー人・ブラジル人などの利用を得てきたが、2010年4月に「資金決済に関する法律」(資金決済法)が施行され、銀行以外の登録企業が外国為替取引を行う「資金移動業」が認められたことから、グループ会社のウニードスが2010年6月11日に資金移動業として登録。以後、「キョウダイレミッタンス」という名称で、海外送金サービスを展開している。
 キョウダイレミッタンスの特徴は、顧客の利便性を追求しているところにある。
 例えば、窓口の営業時間は、昼間の来店が難しい顧客に対応して銀行より長い10時30分~ 18時30分(一部窓口では20時)に設定。休業日も基本的に祝日だけとして、土・日曜日にも営業を行っている。
 また、入金については、全国10拠点の窓口での受け付けのほか、銀行口座振込、ゆうちょ銀行・郵便局のATMで利用できる「キョウダイ・送金専用カード」、ゆうちょ払込専用カード、現金書留郵便といった方法を用意。利用者のニーズに合わせて選択できる体制を整えている。
 さらに手数料を銀行よりも低めに設定。また、送金金額を日本円で指定するだけでなく、為替レートや国ごとの手数料率に合わせて、現地通貨で受取金額を指定しての送金も受け付けており、専業企業として高いコスト・パフォーマンスを確立している。
 なお、顧客については、資金移動業としての登録以前には、その設立経緯から南米出身者の利用が多かったが、現在ではインドネシア、フィリピン、ネパール、バングラデシュなど東南アジア諸国からの就労者の利用が増加。送金実績のある対象国は150カ国前後に拡大し、送金用口座を持つ会員は4万5,000人にも達している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2014年3月号の記事