「喜ばれることに喜びを」をモットーにソフト/ハードの両面でさまざまな“おもてなし”施策を展開

巣鴨信用金庫

東京都豊島区巣鴨に本拠を置く巣鴨信用金庫では、地元の縁日に合わせて本店ホールを無料開放する「おもてなし処」など、ホスピタリティに富んだ各種施策を展開。今後も現場職員からの提案などをもとに、ホスピタリティを体現する取り組みの強化を図っていく意向だ。

とげぬき地蔵尊の縁日に本店3階ホールを開放し「おもてなし処」を運営

 1922年(大正11年)、大正バブル崩壊後、企業倒産・銀行の取り付けなどが相次ぐ厳しい時代の中で、相互扶助の精神のもとに地域の人々によって「有限責任信用組合巣鴨町金庫」として創立した巣鴨信用金庫。現在では東京23区をはじめとする東京都内のほか、埼玉県に店舗網を拡大し、それぞれの地域で地域密着型の営業活動を展開。2013年3月末現在の店舗数は43、融資残高は7,959億5,700万円、総預金残高は1兆6,301億円に及んでおり、地域経済に根付いた金融機関としての地位を確立している。
 同金庫では1997年、“金融機関”から“金融サービス業”への転換を図ることを標榜。以降、「喜ばれることに喜びを」をモットーにホスピタリティに基づく取り組みを続けてきた。昨今ではさらに“金融ホスピタリティ業”“ホスピタリティバンク”を目指すべく、その取り組みの強化を図っている。
 同金庫の“おもてなし”マインドを象徴する取り組みのひとつが、1992年5月にスタートした「おもてなし処」だ。
 「おもてなし処」の基本的な内容は、同金庫本店が所在する豊島区巣鴨のとげぬき地蔵尊の縁日に合わせて、毎月“4”の付く日(土日・祝日を除く)の午前10時から午後2時50分まで、本店3階のホールを開放。おせんべいとお茶を用意し、縁日を訪れるお客さまに無料で休憩してもらおうというもの。同金庫との取り引きの有無にかかわらず利用が可能であり、シニア層を中心とする多くの利用者に好評を博している。
 この取り組みは、縁日にとげぬき地蔵尊周辺で自由に利用できるトイレが少なく、困っていた参拝客に本店1階のトイレを開放したところ、トイレの利用の後、近くに設置しているソファで休憩する利用者が多かったことに端を発している。縁日の舞台である巣鴨地蔵通り商店街と同金庫本店の間には白山通り(国道17号線)があり、歩道橋を使って道路を横断することになるため、シニア層を中心とする利用者にはトイレ利用に伴って休憩が必要となっていたのだ。
 このような状況を把握した同金庫では、当時、金庫内の研修・会議のほか、外部貸し出しなども行っていたものの、空いている時間も多かった3階ホールを無料開放することとし、「おもてなし処」がスタートしたのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2014年1月号の記事