自社ターゲットと親和性の高いソーシャルメディアを活用して集客の効率化を実現

(有)ネットタワー

スイーツショップ「パールレディ」を展開する(有)ネットタワーでは、2013年4月から販売促進施策の一環として、LINE(株)が提供するビジネスアカウント「LINE@(ラインアット)」を運用。クーポンの配信などにより、店舗への効率的な集客を実現している。

女子中・高生をメイン・ターゲットとするスイーツショップの販売促進施策に「LINE @」を活用

 タピオカ入りドリンクなどを提供するスイーツショップ「パールレディ」を展開する(有)ネットタワーでは、販売促進施策の一環としてLINE(株)が提供するビジネスアカウント「LINE@(ラインアット)」を活用。高い集客効果を実現している。
 パールレディは、2000年からタピオカの製造・販売事業を展開するネットタワーが、2002年からアンテナショップとして運営するスイーツショップだ。メニューはタピオカ入りドリンクやアイス、台湾風カキ氷、タピオカ入りの生地を使ったクレープなどで、単価は200~ 300円台が中心。顧客の大半は女性であり、その中でも中高生が中心となっている。2013年11月現在、日本国内では首都圏、東海・北陸・関西地方、および北九州市で26店舗を展開。さらに2012年10月からは中国・常州市で海外1号店を運営している。運営形態は直営が中心であるが、一部フランチャイズ展開も実施。店舗立地については当初は路面店が多かったが、近年では商業施設内のテナント出店が増加している。
 パールレディの販売促進施策としては、従来、チラシ配布やイベント、ポイントカードなど店頭発信のものが中心であったが、インターネットの活用にも取り組んでおり、2009年にはWebサイトをリニューアルするほか、店長ブログの運営を開始。ソーシャルメディアについても2012年からFacebookページを開設し、顧客コミュニケーションの活性化と情報発信による集客力向上に取り組んできた。
 しかし、前述の通り、パールレディの中心顧客層は女子中高生であり、これらの層とユーザーの年齢層が比較的高いFacebookの親和性は必ずしも高いとは言えないことから、思ったような成果が上げられずにいた。その中で同社の販売促進担当者が2013年3月に知人から紹介されたのが、LINEが2012年12月から提供を開始した店舗・メディア・公共団体向けビジネスアカウントLINE@である。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年12月号の記事