LINEの「友だち」が1,000万人を突破!公式Webサイトへ誘導し記録的なアクセス数を達成

KDDI(株)

「au」の携帯電話事業を展開するKDDI(株)は、LINEの公式アカウントを2012年9月に開設した。同社からのメッセージ配信などを希望する「友だち」は、1,000万人の大台を突破。公式Webサイトに誘導する施策では、記録的なアクセス数を達成するなど、大きな成果を上げつつある。

携帯キャリア3陣営がLINEでも熱いバトルを展開

 携帯電話の移動体通信事業と、インターネット・サービスなどの固定通信事業を、「au」のブランドで展開するKDDI(株)。フューチャーフォンからスマートフォンへのシフトが急速に進む携帯電話市場のシェア拡大に向けてソーシャルメディアを積極的に活用している。LINEの「au」公式アカウントは2012年9月に開設し、LINEのユーザー同士で連絡を取り合う「友だち」の機能などを活用してプロモーションを展開。「au」公式アカウントに「友だち」として登録するユーザーは、1,034万9,498人(2013年10月30日現在)に達している。
 企業などのプロモーションを目的とするLINE公式アカウントについては、アカウント別に「友だち」数のランキングが公表されているが、「au」は、トップの「ローソン」に次ぐ2位。公式アカウントを持つと、「友だち」を対象にプッシュ型のメッセージを送信できるが、KDDIでは、このメッセージにURLを交えて、公式Webサイトの特定のページにユーザーを誘導することにより、大量のアクセスを獲得することに成功している。
 国内の携帯電話市場では、同社とNTTドコモ(株)、ソフトバンクモバイル(株)のキャリア3陣営が熾烈な争いを展開。総務省が発表する2013年度第1四半期(6月末)のデータによると、携帯電話の国内契約数は約1億3,763万件。企業別シェアではNTTドコモが44.8%と首位を走るが、市場占有率は低下傾向にあり、KDDI(27.9%)、ソフトバンクモバイル(24.2%)がこれに迫っている。NTTドコモは、米Apple社のiPhoneの販売を9月に開始したことで契約者の流出に歯止めをかける構えだが、iPhoneの販売で先行するKDDIとソフトバンクモバイルが迎え撃つ構図となっている。
 3陣営の争いはスマートフォン・ユーザーに大きな影響力を持つLINEの世界でも繰り広げられている。「友だち」の登録ユーザー数を見ると、「ソフトバンク」は1,028万1,402人(公式アカウント別ランキング3位)で、7万人弱の差で「au」を追撃。「NTTドコモ」は432万6,344人(同28位)で、この両社に大きく水をあけられている。いずれも2013年10月30日現在の公表データだが、状況は日々刻々と変化している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年12月号の記事