ユーザー参加型の楽曲制作キャンペーンにソーシャルメディアを有効活用

キリン(株)

キリン(株)では2012年、“健康”をキーワードとするプロジェクトの一環として「100万人でつくろう元気のうた」キャンペーンを展開。ユーザーから投稿された言葉、写真、動画を用いて楽曲・ミュージックビデオ制作を行うというユニークな内容で多くの参加者を集めた。

“健康”をキーワードとするプロジェクトでソーシャルメディアを活用したキャンペーンを展開

 “キリン”といえばビールをはじめとする酒類のブランドというイメージがあるが、キリンホールディングス(株)を中心とするキリングループでは、酒類以外にも飲料、食品、医薬品など幅広い商品分野を取り扱っている。その中で“健康”をキーワードとして「お客さまにいくつになってもおいしい食生活を楽しんでいただくために、キリングループの総力を結集したプロジェクト」が「キリンの健康プロジェクト“キリン プラス-アイ”」だ。
 毎日の“おいしい”に健康をプラスするこのプロジェクトは、2010年にスタートした。“回復系アミノ酸”として注目を集める“オルニチン”を配合した各種商品、食事の際に脂肪の吸収を抑える“難消化性デキストリン” を配合した特定保健用食品史上初のコーラ系飲料「キリン メッツ コーラ」、さらに最近では、脚光を浴びている“プラズマ乳酸菌”を配合したヨーグルト飲料などが主力商品となっている。
 このプロジェクトの認知・理解の促進を目的として2012年に展開されたキャンペーンが「100万人でつくろう元気のうた」である。このキャンペーンでは、専用Webサイトに加えて、FacebookやTwitter、YouTube、Ustreamといったソーシャルメディアが効果的に組み合わされ、その成功を支えた。

1312C21

キリン プラス-アイの主力商品群

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年12月号の記事