Facebook の持ち味を生かした“顔が見えるコミュニケーション”に確かな手ごたえ

オイシックス(株)

有機野菜や無添加加工食品の通販事業を展開するオイシックス( 株) は、2012年8月からFacebook公式アカウントの運用を開始。Facebookが提供する「カスタムオーディエンス」など新しい広告サービスも積極的に活用することで、新規顧客の獲得や既存顧客とのコミュニケーション活性化を目指している。

1人の女性社員が運用を担当することで情報発信に一貫性

 食品の安全性に配慮し、品質や味にこだわった有機野菜や無添加加工食品などの通販事業を手掛けるオイシックス(株)は、2000年に設立された。生鮮食品20品目の実験的な販売からスタートしたECサイトの「Oisix(おいしっくす)」は、30 ~ 40代の女性を中心とする生活者の支持を得て、売り上げを急速に拡大。全国の産地から果物や魚介類を直送する「産直おとりよせ」、毎日の食卓に上る野菜や日配品など食品のセットを定期的に届ける「おいしっくすくらぶ」といったサービスを提供。定期宅配の利用会員は2013年5月時点で、7万6,499人となっている。
 また首都圏では、「Oisix」ブランドの店舗(2カ所)を営業しているほか、スーパー店内に専用コーナー(6カ所)を開設。このほか2011年11月には、やはり通販販売で生花や食品のギフト商品などを扱う(株)ウェルネスを買収し、ECサイトの「花とグルメのオンラインギフトショップ ウェルネス」の運営を引き継いだ。
 このように積極的に事業を展開する同社では、早くからソーシャルメディアの可能性に着目し、試行的にTwitterのアカウントを運営するなどして、マーケティングへの活用を模索してきた。2012年春には、Facebookの活用を検討するべく、社内に部門横断のチームを立ち上げ。十数人のメンバーで検討を重ねた結果、新規顧客の獲得や既存顧客とのコミュニケーション活性化などを目的に、公式アカウントの運用と各種Facebook広告の活用という2つの側面から取り組む方針を打ち出し、同年8月から公式アカウントの運用をスタートさせた。
 運用業務は、Facebookページに投稿する情報のトーン&マナーや内容に一貫性を持たせることで“顔が見えるコミュニケーション”を実現するために、立ち上げの検討チームのメンバーだった1人の女性社員が兼務のかたちで担当。日々の業務におけるエピソードなどを投稿しているほか、ECサイト運営や商品開発、広報など広く社内の各部門から情報提供や依頼を受けて投稿することも多い。ちなみに担当者は、新たな“つながり”や思いがけないコミュニケーションが生まれるソーシャルメディアへの興味や関心が高く、さまざまな企業のマーケティング担当者が集う勉強会に参加するなど知識も豊富。ソーシャルメディアを所管するプロモーション部門から異動となった現在も、Facebookページの運用業務に限っては引き続き担当している。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年12月号の記事