タブレット端末を活用した顧客情報システムで接客力・マーケティングの強化を図る

(株)コーセー

化粧品メーカー大手の(株)コーセーでは、2013年4月、iPadを活用した顧客情報システム「K-PAD」の小売店への導入をスタート。店頭での接客力向上を図るとともに、一元管理された顧客情報に基づくマーケティングの強化につなげていく考えだ。

顧客情報システム「K-PAD」を通じて小売店の顧客情報を一元管理

 化粧品メーカー大手の(株)コーセーは、2013年4月、iPadを活用した顧客情報システム「K-PAD」の、同社製品を取り扱う小売店への導入をスタートした。
 同社では以前から小売店への顧客情報システムの導入に注力。1990年代には、同社の主要部門であり、強みとも言えるカウンセリング領域の商品を取り扱う化粧品専門店、百貨店を対象に、化粧品専門店には「SMART」、百貨店には「DARTS」というシステムを開発し、導入を進めてきた。しかし小売店がこれらのシステムを導入するためには一定のコストを負担する必要があり、また、据え置き型のシステムであるため、店舗規模によっては情報を閲覧しながらの接客は難しいことから、導入件数は思うように伸びなかった。
 「K-PAD」の導入は、このような流れの中で2011年から企画がスタート。接客に使えるように、店舗スタッフが気軽に持ち運んで利用できるiPadの活用を前提とし、その上で小売店にとっていかにローコストで使用価値の高いシステムにするかを主眼に、開発が進められた。
 さらに「K-PAD」では、各小売店の顧客情報を本社で一元管理するかたちとした。
 これは、メーカーである同社が、これまで直接触れる機会の少なかったナマの顧客情報を収集・蓄積・分析することで、例えば想定ターゲットと実際の顧客層の合致度合いなどを検証し、マーケティング活動の精度を高めると同時に、各店舗の顧客属性などを把握することで、それぞれの店舗に対する提案などのリテールサポートを強化することを目的とするもの。一方、特にこれまで顧客情報管理を紙ベースの台帳で行っていた小売店にとっては、デジタル化により、スタッフの事務作業を大幅に軽減するものである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年11月号の記事