ノートが持つ世界観をWeb、イベント、店舗などで表現

(株)デザインフィル

(株)デザインフィルでは2006年、「毎日を旅するように過ごす人のためのノート」がコンセプトの「トラベラーズノート」を発売。そのコンセプト・世界観を紹介するためにWebサイト運営、キャンペーン・イベント開催を行うほか、フラッグシップストアもオープンさせている。

“毎日を旅するように過ごすこと”を提案し人気を集める「トラベラーズノート」

 “デザインを通じてコミュニケーションを円滑にし、生活を楽しくするアクセントや新しいライフスタイルを提案する”デザインステーショナリーメーカー(株)デザインフィルでは、2006年3月から販売している「トラベラーズノート」の世界を広げていくことを目指し、さまざまなコンテンツを発信している。
 「トラベラーズノート」を端的に形容すれば、「牛革素材のカバーのついたノート」ということになる。カバーの色は黒と茶で、カバーに留められたゴムで、使う人が自由に組み合わせることができるノートリフィルをはさんで使う。A5スリム判のレギュラーサイズとパスポートサイズの2種類があり、それぞれ基本パッケージをベースに、さまざまなリフィルやカスタマイズ用の小物などがラインナップされている。基本パッケージの価格は3,000 ~ 4,000円台で、ノートとしては高級品に属するものと言えるだろう。
 「トラベラーズノート」のコンセプトは「毎日を旅するように過ごす人のためのノート」だ。もともとは同社プロデューサーの飯島淳彦氏が2005年の「ISOT(国際文具・紙製品展)」において、同社ブースで実施されたノートデザインコンペに向けて企画。“旅先にノートを持って行くと、そこでメモしたことや、ノートに挟み込んだ現地のレシートなどがいい思い出になる”という、旅行好きの同氏の思いがベースとなって誕生した商品であり、発売後も同氏がプロデューサーとして、ブランド全体を統括している。
 このように、いわばコンセプト先行型の商品である「トラベラーズノート」では、販売チャネルの選定においても同製品の“世界観を伝えられること”に重きが置かれている。商品群をまとめて提案・提供できる売り場づくりが可能な大型文具店・雑貨店・書店などに限定して展開しており、さらには同社の社員であるラウンダーが定期的に取扱店を巡回することで、売り場の世界観の維持を図っている。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年8月号の記事