健康にかかわるコンテンツを発信し「からだカルテ」の利用を促進

(株)タニタヘルスリンク

健康計測機器メーカー大手( 株)タニタの100%出資で、会員制の健康管理Webサービスを提供する(株)タニタヘルスリンクでは、同サービスの利用喚起・促進を目的に、インターネットを通じた健康関連情報の提供や各種イベントの開催などを積極的に展開している。

健康管理のためのWebサービスの継続利用を目指してさまざまなコンテンツを発信

 近年、シリーズ累計発行部数532万部という大ヒットとなったレシピ本『体脂肪計タニタの社員食堂』や、これをきっかけにオープンした「丸の内タニタ食堂」などで注目を集める、家庭用・業務用健康計量・計測機器メーカー大手の(株)タニタ。このタニタの100%出資により、2007年3月に設立された(株)タニタヘルスリンクでは、タニタが製造・販売する体組成計をはじめとする各種計測機器を活用した、健康管理のための会員制Webサービスを提供している。
 Webサービスの基本的な内容は、通信機能を備えた体組成計などの機器で計測した体重、体脂肪率といった身体データを専用のデータベースに転送・記録し、Webサイト上に表示することによって、健康管理に役立ててもらうというもの。
 サービスメニューには大きく2種類がある。ひとつは、アプリ上でグラフ管理ができ、ソーシャルメディアやダイエット・サイトとの連携が可能な無料健康管理プラットフォームサービス「ヘルスプラネット」。もうひとつは、赤外線通信やSDカード、または専用レシーバーを介した自動転送ができる体組成計から、手軽に専用のデータベースに体重などの計測データを転送し、Web上で「健康グラフ」によるセルフ管理ができることに加え、管理栄養士や健康運動指導士などの専門家のサポートが受けられるといったオプション・サービスの利用も可能な有料の会員制健康管理サービス「からだカルテ」である。
 健康管理の大切さは多くの人が認識している。特に2008年に厚生労働省が「特定健康診査・特定保健指導」、いわゆる「メタボ健診」をスタートして以降、中高年層を中心にその重要性に対する世間の関心はますます高まっている。しかし、実際に胸を張って「健康管理をしています」と言える人は少ないのではないだろうか。
 その最大の要因として、健康管理が何らかの“我慢”を伴うことが多く、必ずしも楽しいものではないことが挙げられるだろう。同社が提供する健康管理のためのWebサービスは、「快適で便利」をコンセプトに健康管理の面倒くささを軽減するものであるが、それでも“楽しさ”を提供するものとは言い難い。従って、常に何らかの刺激を与え続けなければ、サービスを継続利用してもらい、その効果を実感してもらうことは難しい。同社ではこのような認識からさまざまなコンテンツをさまざまなチャネルで発信し続けているのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年8月号の記事