ソーシャルリスニングを活用し収納サービス「minikura」のプロモーション施策を検証

寺田倉庫(株)

倉庫業の寺田倉庫(株)は、専用のWeb サイトと宅配サービスを活用した個人向けの新しい収納サービス「minikura(ミニクラ)」の提供を2012年9月に開始し、多様なプロモーション戦略を展開。ソーシャルリスニングによって、アプローチ手法の効果検証や生活者のインサイト分析に大きな効果を上げている。

Webと宅配を組み合わせた新サービス 受け入れ件数は13万件を突破

 倉庫業の寺田倉庫(株)は1950年、東京都内で創業した。1970年代から首都圏を中心に個人向け収納サービスのトランクルームを展開しており、近年では専門的な技術を要求されるワインや美術品の保管サービスなども好調。また不動産の分野でも、都内品川区に所有する倉庫をオフィスやショールームとして活用するなど、ユニークな事業展開で注目を集めている。
 2012年9月には、個人向けの新しい収納サービス「minikura(ミニクラ)」の提供を開始。これは家庭で収納に困っている衣類や書籍、趣味のコレクションなどを段ボールに詰めて発送すると、同社の倉庫で保管してくれるサービスで、申し込みや引き取りなどの手続きはすべてWebサイトから行う仕組みだ。
 保管料は、箱単位で管理するベーシックなサービス「minikura HAKO(ハコ)」の場合、専用の段ボール1箱(最大20kg)に付き月額200円。同社のスタッフが保管する物品を1点ずつ撮影してWebサイトのマイページにアップし、画像データを見ながら物品を管理できるサービス「minikura MONO(モノ)」の場合は、1箱(最大20㎏、30点まで)に付き月額250円である。
 段ボールを使った保管サービスは、倉庫業界では以前から多くの企業が手掛けてきたが、手続きに手間がかかり、料金体系も複雑になりがちで、あまり普及していなかった。そこでminikuraのプロジェクトチームは、Webと宅配を組み合わせてサービスを利用しやすくし、料金体系もシンプルにした。広報部門と連携してプロモーションを積極的に展開し、認知向上を図った結果、開始から半年後の2013年3月時点で3万箱の保管数を目標としていたものが、実績はこれをはるかに上回り、5月現在では11万箱に達しているという。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年7月号の記事