商品づくりから販売促進に至るマーケティング施策全般に“お客さまの声”を反映

(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントでは、パッケージ・メディア商品企画の参考情報収集を目的として、ソーシャルリスニングを実施。スタッフの推測や想像ではなく、“お客さまの声”に基づいて、マーケティング施策に“1本の軸”を通すために活用している。

パッケージ・メディアの商品企画に役立つ情報の収集を目的にソーシャルリスニングを実施

 (株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、ソニーグループのトータル映像エンタテインメント企業として、映画およびテレビ番組の製作、配給、DVDおよびブルーレイ・ディスク(BD)などのパッケージ・メディアの発売・販売、BS / CSチャンネルの運営などを手掛けている。
 映画ビジネスにおいては、興行収入と並んで、DVD・BDなどのパッケージ・メディアのレンタル/セルが重要な収入源。同社でもホームエンタテインメント部門において、劇場公開を終了した映画作品のパッケージ・メディアの販売、デジタル配信などを積極的に展開している。このホームエンタテインメント部門では、2011年から、パッケージ・メディアの商品企画や広告企画に役立つ情報の収集を主な目的として、ソーシャルリスニングの取り組みを開始している。
 特に販売用のパッケージ・メディアについては、いかに映画ファンの琴線に触れる魅力的な商品を企画できるかがカギとなる。そのためには、ターゲットとなる映画ファンが、その作品のどこに惹かれているのかを的確につかむ必要がある。
 広告宣伝活動についても同様だ。同社が年間を通じて配給する数多くの映画の中には、劇場公開時に、想定した興行収入を得られないものもある。その理由のひとつとして、広告宣伝活動における訴求内容が、映画ファンの興味に合致していなかったことが考えられる。その場合、パッケージ・メディアのレンタル/セルに当たっては、劇場公開時とは異なった角度からの訴求が必要とされるのだが、どのようなアプローチが有効かを判断するためには、実際にその映画を観た人がどのような感想を持ったのかを把握することが重要である。
 そこでホームエンタテインメント部門では、ソーシャルメディア上に散在する対象映画作品に関する書き込みの内容から映画ファンの興味や感想を把握する、ソーシャルリスニングへの取り組みを開始したのだ。
 同部門ではこれまで、作品ごとのFacebookページを運用するなど、映画作品の宣伝活動にソーシャルメディアを活用してきたが、ユーザーの声を積極的に収集するための活用としては、初の試みであると言える。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年7月号の記事