「ありがとう」の理念に共鳴するアンバサダーとの連携でサービスを活性化

(株)オウケイウェイヴ

(株)オウケイウェイヴでは、ソーシャル多言語コミュニティ「OKWave ありがとう」において、「OKWaveアンバサダープログラム」を2012年4月にスタート。さまざまな国籍を持つアンバサダーとの連携により、サービスの活性化を図っている。

「OKWave」のワールドワイド版「OKWave ありがとう」の普及を目指す

 日本初、国内最大級のQ&Aサイト「OKWave」の運営を行う(株)オウケイウェイヴでは、同社が運営する20カ国語に対応したソーシャル多言語コミュニティ「OKWave ありがとう」において、「OKWaveアンバサダープログラム」を2012年4月から運営している。
 「OKWave ありがとう」は、「感謝」「感動」「応援」などのポジティブな気持ちを、世界中のユーザー同士が共有できる投稿機能「ありがとうエピソード」をはじめ、ユーザー同士で投稿を翻訳し合うことで言語の壁を越えてお互いの悩みや疑問を解決したり、相互理解を図ったりすることを目的とするソーシャル多言語コミュニティだ。「“ARIGATO”で世界をつなぎ幸せで満たす」ことをミッションとする同社において、いわば「OKWave」のワールドワイド版として2010年にFacebook アプリからスタートし、2011年に専用サイトを立ち上げたこのサービスは、現在20カ国語に対応しており、ユーザーはFacebook、Twitter、Google+のいずれかのアカウントを通じて無料で利用できる。
 従って「OKWave ありがとう」をビジネスの側面からとらえると広告モデルのサービスということになり、サービスの中でいかに活発なコミュニケーションが繰り広げられるかが、ビジネスの成否のカギを握っている。
 「OKWaveアンバサダープログラム」が目指すところは、さまざまな国籍・言語のアンバサダーが、運営側である同社とともに、「OKWave ありがとう」内のコミュニケーションをサポートし、リードすることで、その存在や理念を広めていこうというものであり、同サービスの普及のための仕組みであると言える。また、「OKWave ありがとう」の運営において、世界各国からの国費留学生などをインターンとして起用している同社にとっては、その取り組みを緩やかに、かつ広範囲に広げるものであるとも言えるだろう。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年6月号の記事