全国のバーテンダーを会員化 来店客に「竹鶴ピュアモルト」を薦めるトークの材料を提供

アサヒビール(株)

アサヒビール(株)は、同社が販売する主力ウイスキーブランドの「竹鶴ピュアモルト」を推奨してくれるバーテンダーを会員化する「竹鶴アンバサダープログラム」を2012年にスタートさせた。年間を通じて、同ブランドの隠されたストーリーや情報を参加するバーテンダーに提供するユニークな試みだ。

主要な販売先は夜間営業の飲食店 エンドユーザーは男性の来店客

 国内ビールメーカー大手のアサヒビール(株)は、1934年創業の洋酒メーカーであるニッカウヰスキー(株)を2001年に完全子会社化し、同社商品の販売や営業をアサヒビール側が主導する現体制に移行。2012年4月から主力ウイスキーブランドの「竹鶴ピュアモルト」を推奨してくれるバーテンダーを会員化する「竹鶴アンバサダープログラム」を展開。年間を通じた独自のプログラムで、参加登録をしたバーテンダーに情報を継続的に提供し、最終的なレポート審査で「竹鶴アンバサダー」に認定する制度である。
 竹鶴ピュアモルトは、ニッカウヰスキーの創業者で、「日本のウイスキーの父」と称される故竹鶴政孝氏の名を冠し、2000年に発売。商品ラインナップには、数量限定の「竹鶴25年ピュアモルト700ml」を筆頭に、熟成期間や容量などが異なる9アイテムがある。
 2012年の販売数量は、前年比104.1%の約9万5,000箱(1箱=700ml×12本換算)に達し、好調に推移している。ウイスキーの世界的な品評会で、「ニッカ竹鶴17年」が2012年の最高賞を受賞するなど、名実ともに、ニッカウヰスキーのフラッグシップ・ブランドとしての地位を確立している。
 販売先は、ビールのように一般家庭でも消費される商品とは異なり、酒類量販店のウエイトは比較的小さく、夜間営業の飲食店が中心。特に、クラブやラウンジ、スナックといった経営形態の店舗が多い。最終消費者は、こうした店舗を利用する40〜50代を中心とする男性層である。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年6月号の記事