「カーネル・サンダース」を武器にLINE上で490万人以上の「友だち」を獲得

日本ケンタッキー・フライド・チキン(株)

日本を代表するファストフード・チェーンの1社である日本ケンタッキー・フライド・チキン(株)では、2012年10月30日から「LINE公式アカウント」の運用を開始。490万人以上の「友だち」を対象にクーポンを配信することにより、店舗への集客を図っている。

新たなクーポン配布チャネルとしてLINEの利用をスタート

 1970年7月、三菱商事(株)と米国KFCコーポレーションとの折半出資により設立。同年11月に「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」第1号店を開店して以来、日本各地において直営・フランチャイズの両形態で続々とKFC店舗をオープンしてきた日本ケンタッキー・フライド・チキン(株)。全国47都道府県で展開する店舗数は、2013年2月末現在1,180店舗(直営330店舗、フランチャイズ850店舗)に及んでおり、日本を代表するファストフード・チェーンの1社となっている。
 同社の店舗への集客戦略においては、従来から割引オファーを提示するクーポンが重要な位置付けを占めてきた。近年では伝統的な新聞折込チラシやポスティングに加えて、ケータイサイトやケータイ向けのメールマガジン「カーネル通信」、さらにはTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアなどが、クーポンを配布するための重要なチャネルとして機能している。その中で同社が新たなクーポン配布チャネルとして、2012年10月から利用を開始したのがLINEである。
 2013年4月1日に旧NHN Japan(株)から商号変更したLINE(株)が運営するLINEは、違うキャリア同士でも無料で音声通話やメッセージのやり取りができることを特徴とするグループ・コミュニケーション・アプリだ。PCや従来型の携帯電話からも使用できるが、基本的にはスマートフォン(以下、スマホ)向けのアプリであり、2013年1月18日に世界レベルでの登録ユーザー数が1億人を突破。日本国内だけでも4,000万人以上の登録ユーザーを有し、特に10代~ 20代の若年層では友人・知人とのコミュニケーションにおいて欠かせない人気アプリとしての地位を確立している。
 このLINEを企業のマーケティングに活用する仕組みとして2012年6月から提供されているのが「LINE公式アカウント」であり、同社は2012年10月30日にアカウントを開設し、その運用をスタートしたのだ。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年5月号の記事