シニア男性に料理教室が人気 実践を通じて独自のノウハウ培う

(一財)ベターホーム協会

東京や大阪など全国18カ所で料理教室を運営する(一財)ベターホーム協会では、趣味として料理を楽しむシニア男性に料理の初心者向けコースが人気だ。長年の実践を通じて培ってきた独自の指導ノウハウを講師の間で共有することによって、受講者の満足度アップやリピート促進を目指している。

全国18カ所で料理教室を開催 初心者向けなど16コース

  (一財)ベターホーム協会は、日本が高度経済成長期の真っただ中にあった1963年、いたずらに消費文明に乗ることなく、暮らしや食についてよく勉強し、賢い消費者になろうという主婦たちの自発的な学習組織として発足。基本理念として、食を通して多くの人々の健康で心豊かな暮らしをサポートし、社会に貢献すること、そして食分野で社会貢献しようとする志の高い主婦たちの生涯学習と自己実現をサポートすることを掲げている。1975年には財団法人の認可を受け、2010年には一般財団法人に移行。現在の活動拠点は、東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、福岡の5都市である。
 中核事業となるのは料理教室。発足当初から主婦たちが協会で学んできたことを、さらに地域社会へ広めていこうと、誰もが楽しく参加できる料理教室という形態をとって、多くの人への普及啓発を行っている。つまり、教室指導に当たっている女性たちこそが、賢い消費者になろうと協会で学び、体系的な研修を受けたリーダー会員と呼ばれる主婦たちなのである。家庭でパンを作る文化がまだほとんどなかった1972年には、安全でおいしいパンを手作りしようと、パン作りの入門講座「パンの会」をスタートさせ、話題を呼んだことでも知られる「ベターホームのお料理教室」は現在、全国18カ所で開催。初心者向けのコースをはじめ、お米料理や魚のさばき方を教える会など、同協会が社会へ伝えていきたいことを講習会化し、全16コースを提供している。
 このほか、出版事業や、リーダー会員が生活者の視点で開発した調理器具や食品の販売事業も展開する。また、家庭科の先生や保育士を対象に食育をテーマとする講習会や、ホームヘルパー向け料理教室を無料開催するなど、公益事業にも積極的に取り組んでいる。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年3月号の記事