「健康づくり教室」を新規獲得の起爆剤としてシニア層を優良顧客に

(株)東急スポーツオアシス

フィットネスクラブを関東や関西で展開する(株)東急スポーツオアシスは、シニアを対象に、ストレッチ運動や手軽な筋力トレーニングを指導する「健康づくり教室」などに取り組んでいる。スポーツになじみの薄かった層に運動を習慣化してもらい、フィットネス会員の拡大につなげる狙いもある。

60代以上の会員は増加傾向 全体の25%に

 (株)東急スポーツオアシスは、1985年に東急不動産(株)の100%出資で設立され、フィットネスクラブの1号店を大阪府吹田市江坂に開設。現在は、首都圏や近畿地方を中心に、トレーニングジムや温水プールなどの施設を持つフィットネスクラブ31店を運営する。2012年には、新規事業として、ダンスやバレエなどの発表会や練習に利用するステージとスタジオを完備した新業態の施設「THE☆STAGE」をオープンさせるなど、積極的な成長戦略を推し進めている。
 フィットネスクラブを継続利用する会員は、2012年3月末現在で10万2,711人。会員の男女比では、45対55で女性が多い。一般にフィットネスクラブの会員は、女性の方が多くなっており、同社でも、過去には7割程度を女性が占めていたこともある。会員の年代は、男女ともに40代が最も多く、全体の約2割を占める。平均年齢では、同社の設立当初は35歳前後だったが、現在は50歳前後。継続して利用する会員が年を重ね、平均年齢を押し上げてきた。若い年代は募集すると集まるものの、定着しづらいとの事情もあり、業界全体がこのような傾向にあるのだという。
 このように会員構成が変化する中で、特に60代以上のシニア層は、継続利用する会員の高齢化に伴い増加傾向にあり、約25%を占めるまでになっている。こうしたシニア層は、明確な目的意識を持って体力づくりに努める傾向が強く、体力や目的に応じて負荷をコントロールしながらフィットネスのプランやメニューを活用。同じ施設に通う利用者との交流も活発で、まさに生涯にわたって利用する優良顧客になり得る。
 とは言え、新規会員の拡大を目指す同社にとっては、若い世代の定着が難しいこともあり、こうした優良なシニアの利用をいかに拡大するかが、経営的に大きなテーマである。これまでスポーツになじみの薄かったシニアには、フィットネスクラブを訪れることへの心理的なハードルが高い。また、シニアの健康維持にフィットネスが有効であることが社会的に十分浸透しているとは言いづらく、「お年寄りがフィットネスに通うのは、逆にからだに悪いのではないか」といった先入観から、否定的に受け止められてしまう風潮もなお根強いという。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年3月号の記事