定期的なイベントの開催などでたゆまぬ活性化を図る“おばあちゃんの原宿”

巣鴨地蔵通り商店街振興組合

“おばあちゃんの原宿”として知られる巣鴨地蔵通り商店街振興組合では、人気に安住することなく、常に新たな取り組みを模索。シニア層の人気を保つとともに、戦略的な情報発信などによって、ファミリー層をはじめとする新たなターゲットの開拓にも力を入れている。

新聞記事からスタートした“おばあちゃんの原宿”

 “おばあちゃんの原宿”のキャッチフレーズで全国的に知られる東京・巣鴨地蔵通り商店街。しかし、そのキャッチフレーズは商店街を形成する商店で組織される巣鴨地蔵通り商店街振興組合が自発的に使い始めたものではない。
 旧中山道の一部である巣鴨地蔵通りは、江戸時代中期から商業や信仰の場として栄えてきた。その中核に位置するのが“とげぬき地蔵”として全国的に有名な高岩寺であり、また、全長約780mの商店街の両端近くには江戸六地蔵尊のひとつとして知られる東光院眞性寺と巣鴨猿田彦庚申堂(神社)が所在していることから、もともと来街客の多くは参拝と買い物を楽しむシニア層であった。その様子に目を付けた読売新聞社が1987年に、「おばあさんの原宿」という見出しで同商店街を紹介する記事を掲載したことをきっかけに、類似のキャッチフレーズが多くのマスコミにも用いられるようになり、全国的に普及・定着したのだ。
 2013年1月現在、商店街を構成する商店数は約200店舗。衣料品店、雑貨・生活小物・化粧品店、和菓子店・甘味処、食料品店などが多く、最近ではシニア層をターゲットとする健康食品専門店なども増えている。JR・都営三田線巣鴨駅側の入口からとげぬき地蔵(高岩寺)までのエリアでは、関東一円からのバスツアー客などの観光客を意識した衣料品店などが、その他のエリアでは、近隣住民の生活を支える食料品店などが比較的多いのが特徴だ。
 最近の来街者数については正確な統計はないが、通常の平日で1万~ 3万人、後述する“縁日”開催日では4万人前後、日・祝日では6万人前後の人出となっているもようである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2013年3月号の記事