スマホ・アプリの活用により全国300 余店の責任者の裁量による機動的な販促を実現

シダックス(株)

レストランカラオケ事業を展開するシダックス(株)では2010年12月、「レストランカラオケ・シダックス」アプリの提供を開始。その主要機能である時限クーポンを活用して、全国300店舗以上にも及ぶ「レストランカラオケ・シダックス」の責任者の裁量による機動的な販促施策の展開を実現している。

スマホの急速な普及に対応して「レストランカラオケ・シダックス」アプリの提供をスタート

 事業子会社であるシダックス・コミュニティー(株)を通じて、レストランカラオケ事業を展開するシダックス(株)では、2010年12月、スマホのGPS機能を利用したモバイルサービスを運営する(株)ロケーションバリューと共同で、同社が提供する時限クーポン配信サイト「イマナラ!」を活用した「レストランカラオケ・シダックス」アプリの提供を開始した。
 「レストランカラオケ・シダックス」アプリは、Googleマップ上に示されたユーザーの現在地情報から、近くのレストランカラオケ・シダックスの店舗検索や、時限クーポンの取得、メニュー写真・最新情報の確認などができるほか、レストランカラオケ・シダックスで利用できるQRコード方式の「ケータイ会員証」を登録できる機能などを備えたスマホ・アプリ。当初はiPhone版のみの提供であり、「ケータイ会員証」登録機能は備えていなかったが、2011年3月には同機能を備えたAndroid版の提供を開始すると同時にiPhone版にも同様の機能を付加。現在では、スマホ・ユーザーであればキャリアを問わずにすべての機能を利用できる環境が整えられている。
 同社では以前から携帯電話のマーケティング活用に積極的に取り組んでおり、2009年11月には従来のケータイサイトを、エンターテインメント・ケータイサイト「SHiDAX CLUB MOViVA(シダックスクラブモビーバ)」としてリニューアル・オープン。エンターテインメント性の高いコンテンツを日常的に利用してもらうことで同社への親近感の醸成を図るとともに、登録会員に対してはメールマガジンなどによりキャンペーン情報を配信するほか、随時、クーポンなども発行することで来店促進に役立ててきた。
 「レストランカラオケ・シダックス」アプリはその延長線上にあるもので、2012年10月現在、600万人を超える「SHiDAX CLUB MOViVA」会員が、スマホの急速な普及に伴い、徐々に端末機種をスマホに切り換えていくことを見越してスタートした取り組みである。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年11月号の記事