社会に愛され、社員を奮い立たせる企業文化をつくるメソッド社のメソッド(方法論)

メソッド社

革新的でスタイリッシュなホームケア商品が人気を呼び、急成長したメソッドは、長期的な成長を見据えて企業文化の再確認を行い、「5 つのコア・バリュー」を打ち立てた。3段階からなる独自の採用の仕組みにこだわるなどして、このコア・バリューの具現化に全社を挙げて取り組んでいる。

急成長のゆがみがもたらした、企業文化の危機

 「身体にも環境にもやさしく、目にも心地良い」をコンセプトに画期的なホームケア商品を次々と市場に投入しているメソッド(Method)。植物性原料のみを使用した8倍希釈の洗剤など革新性に富む商品を世に紹介するだけでなく、世界的に有名な産業デザイナー、カリーム・ラシッド氏とのコラボによる洗練されたパッケージ・デザインで米国の生活者を魅了し、今日では全米の4万を超える店舗で商品が販売されるまでになっている。2010年には日本進出も果たした。
 メソッドの共同創設者エリック・ライアン氏とアダム・ロウリー氏は「成功の源泉は企業文化」と明言する。しかし、創設当初から企業文化を念頭においていたわけではない。
 創業6年目の2006年。それはメソッドにとって飛躍の年であった。同社のスタイリッシュなエコ商品は各種メディアに取り上げられ、販売数量において200~300%の成長を遂げ、競合他社の羨望の的となった。年商も前年の倍の3,200万ドルを突破。急ピッチな事業拡大をまかなうための増員に次ぐ増員でオフィスは手狭になり、社員の机が廊下や会議室を占拠した。
 想像だにしなかった順風満帆の成長ぶりに嬉しい悲鳴を上げる傍ら、経営陣の間には危機感が漂い始めていた。「メソッド“らしさ”が損なわれつつある」という危機感である。
 「メソッドの成功要因は企業文化にある。企業文化を育成し、強化し続ける、それができない限り、長期的な成長維持はあり得ない」と実感したメソッドの経営陣は、当時、サンフランシスコ、シカゴ、ロンドンの3都市に散らばっていた幹部社員、総勢90人を集め、合宿を行うことにした。日常の業務から離れ、ただひたすらに企業文化について語り合うことが目的だった。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年9月号の記事