“ハーゲンダッツ・ファン”と交流する自社オンライン・コミュニティを運営

ハーゲンダッツ ジャパン(株)

ハーゲンダッツ ジャパン(株)では2011年4月から自社主宰のオンライン コミュニティ「クラブ ハーゲンダッツ コミュニティ」を運営。3つの公式サークルを中心にメンバーとのコミュニケーションを展開している。今後はリアルイベントなども開催し、さらに親睦を深めていきたい考えだ。

同社とお客さまがコミュニケーションを行う“場”としてオンライン・コミュニティを運営

 1961年に米国・ニューヨークで誕生した高級アイスクリームの代名詞的存在である「ハーゲンダッツ」の日本での製造・輸入・販売を手掛けるハーゲンダッツジャパン(株)では、自社主宰のオンライン・コミュニティ「クラブ ハーゲンダッツ コミュニティ」を運営している。
 同社におけるコミュニケーション・チャネルとしては、従来、TVCMをはじめとするマス広告や交通広告、登録した会員に新商品の情報などを定期的に伝えるメールマガジンなど、お客さまへ一方通行で情報を発信するものが多かった。その中でも中心となっているTVCMについては、同社のメインターゲットである20~ 30代の女性層における“TV離れ”が指摘される中、同社ではさまざまなタッチポイントをとらえてお客さまとコミュニケーションをとることが重要だと考えてきた。
 また、外部のSNSでは、「ハーゲンダッツラバー」が集まるコミュニティが自然発生し、活発なやり取りが行われている。
 「クラブ ハーゲンダッツ コミュニティ」はこのような状況を踏まえ、インターネット上で同社とお客さまがインタラクティブなコミュニケーションを行う“場”として企画されたもので、2011年4月に開設された。
 「クラブ ハーゲンダッツ コミュニティ」の企画設計においては、コンセプトとして「ファンの方に純粋に楽しんでもらう」ことが掲げられた。従って、コンテンツづくりにおいては、TVCMなどの内容と連動しながらも、商品を売るための情報を提供するのではなく、同社のファンが気軽に参加できることに主眼が置かれている。ちなみにメンバー登録は無料であり、eメールアドレスとニックネームを登録すれば、誰でも参加できる。
 なお、同社で「クラブ ハーゲンダッツ コミュニティ」の運営を担当しているのはマーケティング本部であるが、同本部では基本的な方針の提示と運営のチェック、およびコンテンツづくりを行い、日常的な運営は、オンライン・コミュニティの構築・運営に実績のある外部企業に委託している。

1207C31

TVCM「食べごろサイン」編

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年7月号の記事