育児経験のあるスタッフがスペシャリストとして売上拡大に貢献

(株)ミキハウス

ベビー・子ども服などの企画・製造・販売を手掛ける(株)ミキハウスでは、主要ブランドのひとつである「ミキハウスファースト」が20周年を迎えるに当たって、「認定子育てキャリアアドバイザー」制度をスタート。育児経験のある女性スタッフに、スペシャリストとして責任ある立場を与えることが、売上拡大にも大きく貢献している。

経験・知識豊富なスペシャリストがマタニティ層の来店客にも責任を持って対応

 国内の約180の直営店、および約60のフランチャイズ店を中心に、ベビー・子ども服、および子ども向けの靴、おもちゃ、雑貨などの販売事業を手掛ける(株)ミキハウス。同社では2010年に主要ブランドのひとつである「ミキハウスファースト」が20周年を迎えるに当たって、「認定子育てキャリアアドバイザー(KCA)」制度を立ち上げ、以降、その運用を通じて、同ブランドの販売促進を図っている。
 「ミキハウスファースト」は「はじめて出会うミキハウス」をコンセプトとするブランドだ。新生児から2歳までの赤ちゃんを対象に、安心・安全・品質を第一として、出産準備品、肌着、セレモニードレス、お出かけ用のウエア、おもちゃ、帽子、家具、寝具などさまざまなアイテムを展開しており、ブランドの性格上、来店客にはマタニティも多い。一方で、同ブランドを取り扱う直営・FC店では店長以下、妊娠・出産を経験していない若いスタッフが大半を占めていることが多く、従来は来店客からの妊娠・出産や子育てにかかわる相談などに十分に対応できないケースも見られた。
 そこで、特に初めての妊娠・出産で大きな不安を抱えているマタニティに、十分なコンサルティングやサポートを提供することを目指し、KCA制度を立ち上げ。多くの店舗で販売サポートスタッフとして活躍していた育児経験のある女性を、あらためて教育・研修を施した上で、責任を持って「ミキハウスファースト」の販売に当たるスペシャリストとして位置付けた。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年5月号の記事