「接客ロールプレイングコンテスト」でスタッフの販売力を底上げ

(株)インターメスティック

「ゾフ」ブランドを展開する(株)インターメスティックは、眼鏡の小売業界にSPA方式で切り込み、低価格でファッショナブルな眼鏡で若い世代に支持されている。人の介在が不可欠な商品だけに、付加価値や優位性につながる接客力を何よりも重視。昨年スタートした「接客ロールプレイングコンテスト」を今年はさらに強化する。

“半医半商”の商品特性から技術・接客の両面で教育

 (株)インターメスティックが運営するブランド「ゾフ」は、眼鏡業界にファストファッションの風を取り入れようと、SPA(製造小売業)方式を導入し、2001年からおしゃれなオリジナルブランド眼鏡をレンズ付きで販売。5,250円・7,350円・9,450円という手軽な価格やファッショナブルなデザインなどが若者に受け、2012年3月末時点で店舗数は121店(国内113店・海外8店)に広がった。店舗では常時300型・4色と1,200アイテムを品揃えし、複数の眼鏡を使い分けるライフスタイルを提案している。路面店やビルの上層階が多い従来型の眼鏡店とは異なり、若年層が好む感度が高いショッピングセンターのアパレルや雑貨フロアを中心に出店。眼鏡をファッションの一部ととらえ、戦略を展開する。上場5社などが多店舗展開を推進する眼鏡業界において、同社は現在、10位程度の位置付け。業績はこの10年右肩上がりを維持し、2011年12月期の売上高はグループ連結で105億円となった。2018年度には500億円を目指す。
 最近は40~60代のお客さまも増えてきたが、中心は20~30代で55%を占める。昨年からはTwitterやFacebookでの販促・告知も開始しており、中でも人気漫画やゲームとのコラボレーション展開が注目を集め、多くの新規顧客開拓につながった。自社のWebサイトではネット通販をはじめWebカメラを使って商品を試せるサービス「ゾフ・ミラー」なども展開しているが、やはり店舗に足を運んでもらうことが最終目的となる。そこから先は“人”が介在する接客術が勝負。視力測定や加工、フィッティングといった眼鏡の販売に不可欠な独特の技術系知識も含め、販売スタッフの力量が頼りだ。さらにファッション性も重視していることから、お客さまの服や身に付けている小物などにマッチする商品を提案するセンスも求められる。眼鏡はその商品特性から半分が視力矯正という医療的側面、半分が商いである「半医半商」の業種と言われており、販売スタッフにはどちらのスキルも欠かせない。

この記事の続きを読むにはログインが必要となります。

ログイン


月刊『アイ・エム・プレス』2012年5月号の記事